UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Information

Districtからのお知らせ

1205 507XX

大型連休を境に、ハンソデや半ズボンといった夏物を着用する お客様の姿を多く目にするようになりました。

先日わたしも、休日の遠出の際に暖かそうな日差しだけで判断してしまい、ポロシャツにショーツ、かるくコットンのカーディガンを羽織り...という軽装で出かけました。

しかし、思いのほか空気は冷たく、また、電車や商業施設内の冷房に くしゃみが止まらないほど。案の定、風邪をひきました...。

カジュアルな服装で気軽に羽織れるジャケット、こういうときにブルゾン的なアイテムが恋しかったです。テイラードのジャケットでは、やや堅苦しい感じで。

ついつい行く先々の お店で、すぐに羽織れるブルゾンを物色してしまいました。

1953年に登場した、胸下に2つのフラップ付きポケットを配したトラッカージャケット。ジーンズを発明したといっていい あのブランドの507XX (別名TYPE-II)が、Districtに洗練された表情で入荷しています。

先にネイビーを発売しておりましたが、バリエーションとして、新たに日焼けした肌にも映えるベージュが登場。

ph-20160519163211-dbf1b394cb.jpg

ph-20160519163229-0a70170fe9.jpg

今ではJohn Lobbのディレクターも兼任する、パウラ・ジェルバーゼが手がける1205(イチニィゼロゴ、もしくはトゥエルブオーファイヴ)のコレクションです。

ph-20160519163251-13d12b6c68.jpg

ややドロップ気味の肩にたくましい腕、特徴的なフロントのプリーツと背中を膨らませるタック。

そこまで忠実でなくてもいいのにと思えるほど、デザインソースになった名品の雰囲気が再現されています。

彼女の好みであるミニマルな表現とは対極のように見えて、上質なコットンリネン地と普通につけられたボタンなどで、カジュアルにコーディネイトしてもクリーンな表情をたもてる1205らしい雰囲気をもっているところが、また魅力です。

ph-20160519163324-eb5ea49da8.jpg

ph-20160519163344-e98c72900a.jpg

日中、夏を感じさせる日差しとは一転、まだ朝夕寒かったり梅雨寒がやってきたりと、まだまだ不安定な気温。

こんな季節だからこそ一枚備えておきたいと思わせるジャケット、それが507XXです。

ph-20160519163423-310e96c9c5.jpg

ご来店を お待ちしております。

モリヤマ

●1205 BEIGE 2FLAP BLOUSON :¥79,920(税込み)

Archives

MORE