UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

ようやく

posted by

 

DSCF1095.JPG

 

キましたスーツ。

ようやく立ち上がりましたカクチでございます。

後輩達にもなじられる毎日...辛かったッス。

 

DSCF1066.JPG

 

WASHEDを除けば今シーズン分の9割近い入荷で、随分と見応えあるスーツコーナーです。

皆様も気になっているのはNAVYでしょう。

入りました入りました。

 

DSCF1067.JPGDSCF1068.JPG

ムジモヘア                        ドビーピンストライプ

 

DSCF1065.JPG

 

カクチはドビーにしました。

 

スーツに対して見方が変わったのは、ここしばらくの間。

素材や仕立て、数ミリ単位の見え方の違いに拘るのが、スーツの面白さだと聞いていましたが、

何となく「う~ん...でもなぁ...」と思っていました。

 

でも、実際に色々な偉人のスーツの着こなしを見ていると、ただクラシックな着方だけでもなく、

とてもカジュアルに着こなすジョージクルーニーのような人が居たり、

ケーリー・グラントのエレガントな空気感。ダニエル・クレイグから感じるスーツの色気...。

そうすると、今まで自分は関わる事のない人だと思っていたトム・フォードや、

ドルチェ&ガッバーナ等のブランドにも、興味が湧いてきたり...。

 

 

DSCF1069.JPG

ベストも...やっぱり買わないと始まりません。

 

 

 

ところでDistrictのスーツですが、企画者のプロフェッサー'S'の拘りが満載。

「オレの目の黒い内は○×▲☆※...!!」のような事もよく仰いますが、

'S'氏の美感には、随分前から憧れと尊敬の念を抱いています。

 

 

白雉な僕がクオリティーに関してコメントすると、返ってシラけると思いますので

ここは控えておきますが、一つだけいえる事は、ここのスーツはハンパねぇという事です。

 

 

DSCF1100.JPG

 

 

そういえば先日、Districtに世界最高峰のデザイナーが来店されました。

Districtでは取扱いのないブランドですが、私的によく着させて頂いているブランドの

デザイナーです。

私見ですが、"世界一モノにうるさいデザイナー"だと予想していました。

その方が、Districtのオリジナル商品を沢山買っていくという、大事件!

あの女性に買い物をさせるDistrictと、それを作っている'S'氏。

とんでもない店と、商品なのだと痛感させられました。

 

 

そういう事もあって、Districtのオリジナル商品を更に尊敬する事になったのですが、

色々ある中で、最も拘っていると感じるモノがスーツなワケで、今ハマっています。

それも、真面目に着るだけではなく、今季ならこんな事だってアリだという事ですし...。

 

 

 

テレビで歌舞伎役者の中村勘三郎さんが言っていました。

「型があっての型破りなんです。」

今の僕にはビビっとキましたね。

 

 

 

スーツって消耗品??

 

 DSCF1105.JPG

 

 

すごく楽しい洋服です。

 

 

Archives

MORE

Staff