UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

2021年Districtのスタイリング

数多くのデザイナーブランドを取り扱うDistrictですが、それを自由に組み合わせる“フリースタイリング”もまたお店のコンセプトです。クリエイティブで前衛的なブランドも、クラフツマンシップ溢れる人の手を感じるアイテムも、固定観念にとらわれずにDistrictスタッフの面々は自由にコーディネートします。
そんな相反する要素やちょっとしたテイストの違いをいい塩梅でつないでくれるのがDistrictレーベル。

自店で取り扱うデザイナーブランドなども使用する生地を積極的に使ったりもするので、一緒に組み合わせても決して遜色ない質感。くわえて本社商品部のDistrict担当プロフェッサーやお店からの多くの意見をくんでクズヌキがアイデアを出したりとデザインも単純なベーシックに陥ることなく“こんなの欲しかったんだよね“とお客様にも言っていただけるファンの多いのがDistrictレーベルです。
2021年春夏シーズンもみんなのオススメとおのおの着こなし方をDistrictの商品を中心にご紹介します。

モリヤマ)生地屋に勤めるわたしの長男に“こんな生地有ったら欲しい“と伝えたのがきっかけで生まれたパパシャンブレー。トラッドなコート等でもよく目にするタマムシ調のコットンギャバジン薄手のコットンでハリとコシでシワの復元もはやく夏場大活躍します。意外にこういう生地、トラッドブランドでないと目にしないんですよ。柔らかい印象になるようにワーク調のベストとバルーンシルエットのEGG1プリーツのパンツのセットアップでご用意しました。
ワークやハンティングベストのバランスで作っているのでアウターとしても成立するのがこのベストの良いところ。
最初の入荷時からひとめぼれだったCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのメタリックヘリンボーンの解体ジャケットの上に合わせました。一見無機質なメタリックですが、実はシルバー部分にも温かみのあるトーンで織りもヘリンボーン生地と……ヘリンボーン→ツイード→カントリー→ハンティングベストと勝手に連想してしまいました。

モリヤマ=身長168cm
・ジャケット(COMME des GARÇONS HOMME PLUS):¥205,700 (tax in) 1168-599-2829(着用サイズS)
・ベスト(District):¥30,800 (tax in) 1125-243-7799(着用サイズM)
・パンツ(District):¥27,500 (tax in) 1114-243-7727(着用サイズS)
・シューズ(ROSA MOSA):¥90,200 (tax in) 1331-343-8852(着用サイズ40)


コバヤシ)ウール、コットンにナイロンと様々なベストを愛用しております。しかも、好みとしては、なにかのインナーとしてではなくベストが主役となるような着方です。そこでベストに日の目を当てたい! ベストが主役でも良いじゃないか! と半ば私欲に満ちた願望から、モリヤマ親子の素晴らしい家族愛から生まれたパパシャンブレーのお陰で会心のできに仕上がったのが今回のワークベスト。夏にTシャツやシャツ1枚にパンツやショーツは定番スタイルですが、気が付くと同じ格好ばかり。かといってジャケットだと暑いという時にぜひおすすめしたいのがベストスタイル。もちろんチノパンやデニムとの合わせも楽しめますが、形がワークベストですので、全体が野暮ったく見え過ぎないように、合わせるパンツにはボリュームはほどよくありつつ少しシルエットに面白味のあるScyeの茶色のモールスキンパンツにしました。夏でも着られるように合わせたシャツはシアサッカー。袖もドレスシャツに比べて少し大きめですので、今回のパパシャンワークベストとの相性もとても良いです。

小林=166cm
・ベスト(District):¥30,800 (tax in) 1125-243-7799(着用サイズS)
・シャツ(District):¥19,800 (tax in) 1116-250-0999(着用サイズS)
・パンツ(Scye):¥49,500 (tax in) 1165-599-1463(着用サイズ36)
・シューズ(Paraboot):¥71,500 (tax in) 1331-499-8532(着用サイズ7)


ハマモト)ブログでも以前書かせていただきましたが、自分にとって新鮮でスタイリングが楽しめるものが今気になります。春夏は特にシーズンが進むほど身に付けるアイテム数が減るのでなおさらかもしれません。今シーズン気に入って購入したサスペンダーパンツがまさに気分にピッタリで絶賛活躍中です。ウール×レーヨンのシャンブレーでトラッドな雰囲気もありますし、ストレートに近いモダンなシルエットなので、Districtで展開している商品との相性がとても良さそうです。
カットソーに軽い羽織と合わせていることが多いですが、今年はネイビーブレザーがとても気になっているので、シルエットが新しくなったタキシードクロスのブレザーと合わせてみました。タイドアップに革靴でももちろんありだと思いますが、このパンツの持っている幅の広さにトライしたくて、スニーカーに、フローリアンのネックレスと「らしさ」を出しつつ、サスペンダーを垂らしてみたらこれが意外とハマリました! よりカジュアルなスタイリングはブログでもご紹介していますのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

濱本=181cm
・ジャケット(District):¥96,800 (tax in) 1122-299-5733(着用サイズ46)
・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT):¥46,800 (tax in) 1168-303-2824(着用サイズM)
・カットソー(tsuki.s):¥16,500 (tax in) 1117-599-2765 (着用サイズM)
・パンツ(District):¥31,900 (tax in) 1114-243-7814(着用サイズM)
・シューズ(VANS):¥9,900 (tax in) 1331-499-9000(着用サイズ28.5cm)
・ネックレス(Florian):¥40,700 (tax in) 1359-343-1323(フリーサイズ)


クズヌキ)明るくなれるカラーをコーディネートに取り入れたい気分。bergfabelの”赤いシャツ”、DRIESの”赤とオレンジの柄ハット””オレンジのサンダル”……。おっとこのままいくと色物だらけのハッピーモンスター。
やはりここで活躍してくれるのがデザイナーズブランドとも違和感なく溶け込むDistrictレーベルのアイテム達です。コーディネートの主役に選んだのはナイロンワッシャー加工のライトウェイトフードブルゾン。こちらは生地のプロフェッショナルB氏が選んだ生地を元にデザインを考えて、パタンナーのY氏がセンス良く形にしてくれたもので、実際に仕上がったサンプルを見た時から大のお気に入り。ここ数シーズンでお客様からもショート丈のブルゾンを気にされているお声を聞いたり、スタッフ間でもショート丈のブルゾン熱を感じています。ボトムスは全体を引き締めるブラックのストライプを選びました。定番でもあるモデル2PLT WIDEは決してやり過ぎてはいないけど、ほどほどに自己主張がある万能選手!
デザイナーズブランドとDistrictを合わせることでこのお店ならではのコーディネートが仕上がりました!
スタッフがサポートしますので、みなさんもぜひ今シーズンお気に入りのコーディネートを一緒に考えてみませんか? それらを身に着ければきっと気分よく過ごせるはずです^^

葛貫=171cm
・ブルゾン(District):¥30,800 (tax in) 1125-299-7785(着用サイズM)
・シャツ(bergfabel):¥59,400 (tax in) 1159-343-8021(着用サイズ48)
・パンツ(District):¥28,600 (tax in) 1114-299-7729 (着用サイズM)
・サンダル(DRIES VAN NOTEN):¥96,800 (tax in) 1357-343-0189
・ハット(DRIES VAN NOTEN):¥39,600 (tax in) 1357-343-0212


イイジマ)「中華は2人で食べるよりも大勢で食べた方が美味しい」
先日中華を食べながら、誰かも過去に言っていたであろうセリフを、自分が考えたかのような顔で口にしていた。餃子、春巻、酢豚、空芯菜、麻婆豆腐……etc。大勢で食事をする機会も無くなり、さらには外食の機会も減っている状況で、頼みたい物が多すぎるあまりに、大きいはずの胃袋がとても小さく感じたのだ。
洋服でも同じようなことが言えて、大きいはずの身体も結局は一つしかない。けれども欲しい物はたくさん……。外出の機会も減って何が欲しいのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。そんな時はテーマを決めると、買いたい物や食べたい物が見えてきます。
今春夏、自分の買い物キーワードは「ブルー、リネン、デニム」の3つです。それに合うもの、合わせたいものを軸に色々と買い足しています。
コーディネートの主役はオリジナルのストライプパンツ。「デニムに合う、色がネイビー、素材が麻レーヨンの混紡」と3つのキーワード全てに当てはまるパンツです。「辛さが欲しい、ビールを美味しく飲みたい、ライス大盛で」とテーマを決めたいつかの中華で頼んだ四川麻婆のように大満足の一本です。既にお気付きの方は鋭いのですが、麻でかけているのもポイントです。
合わせたOVERCOATのジップブルゾンは少し長めの着丈でアウターのようですが、一重の麻素材なので、半袖の羽織としても活躍します。上下麻の素材ですが、カレー等でも2種盛は一般的、どう合わせるかが重要です。しっかりとしたTHOMAS MAISON生地のDistrictオリジナルシャツをインナーにすることで、上下にメリハリを出しています。F.lli Giacomettiのダブルモンクサンダル、J&M DAVIDSONのウエスタンベルト、Florianのホーンネックレスと小物を黒で統一することで、ピリリとアクセントを加えました。
今シーズンのテーマを決めることで、お買い物がしやすくなり、買うべき物が見えてきます。小籠包じゃ足りない、上海蟹食べたい! 等、メニューのご相談お待ちしております。

飯島=193cm
・ジャケット(OVERCOAT):¥75,900 (tax in) 1169-499-6096 (着用サイズ1)
・シャツ(District):¥20,900 (tax in) 1111-265-2926(着用サイズ41)
・ネックレス(Florian):¥40,700 (tax in) 1359-343-1323
・ベルト(J&M DAVIDSON):¥35,200 (tax in) 1341-499-2008 (着用サイズ34インチ)
・パンツ(District):¥30,800 (tax in) 1114-299-7736(着用サイズXL)
・シューズ(F.lli Giacometti):¥86,900 (tax in) 1331-499-9007(着用サイズ44h)


ナガクラ) Instagramやブログにて何度かお話ししましたが、今シーズンはジャケットを着ようとシーズン初めから意気込んでいました。デザイナーズのリラックスしたジャケット、フレンチワークのディテールを踏襲したワークジャケットを購入し、自分なりのトラッドな合わせを試行錯誤し高頻度で着ています。そんな中、やっぱりいいなーと思ったのはネイビーブレザー。汎用性の高さは勿論ですが、男なら持ってないといけない!?マストアイテムですよね。昨今、“サステナブル”というワードをよく耳にします。いろんな捉え方があると思いますが、私は吟味して良いモノを長く愛用することで“サステナブル”を意識しています。となると余計にネイビーブレザーがよく思えてきました。トラッドかつオーセンティック。最高じゃないですか? そして今シーズン着るなら絶対にタイドアップですね。世の中的には仕事着も楽な方へ、ラクな方へと進んでいますがやっぱりブレザー着るならタイを締めましょう。タイをしてキチッとしたところからその他のアイテムで少しずつ引き算してみてはいかがでしょうか? 全部をキチッとするのももちろんOKですが職場の周りの方との温度差が……気になる。そういう方こそ今まではできなかったタイを締めつつも少しラフな着こなしを楽しんでみてください。ファッションを堪能し、気分も上がって仕事もはかどる! かもしれません。笑

長倉=171cm
・ジャケット(District):¥81,400 (tax in) 1122-259-5732(着用サイズ46)
・シャツ(District):¥20,900 (tax in) 1111-265-2927(着用サイズ37)
・タイ(STEPHEN WALTERS):¥17,600 (tax in) 1334-343-0024
・パンツ(Scye):¥28,600 (tax in) 1165-599-1455(着用サイズ36)
・シューズ(F.lli Giacometti):¥97,900 (tax in) 1331-499-8660(着用サイズ40)


イワシタ)ここ最近、ONOFF問わずほとんどジーンズしかはいておらず"ジーンズぐらいガシガシはけて、かつ新鮮な気持ちではけるパンツ"(欲を言えば野暮ったく見えすぎないパンツ)があればいいなあと思っていたところDistrctのNOP11が私の気持ちに刺さりました。
綿パンツですが、チノクロスとは違うバギーサテン特有のほどよい光沢感があるお陰で、野暮ったく見えすぎないという望みにもバッチリはまりました。そんな私のお望み通りのパンツに合わせたのはCOMME des GARÇONS SHIRTのパッチワークシャツ。このシャツを一目見たときに、私が幼少期に好きだった絵本【ぞうのエルマー】【kaleidoscope】がシーズンテーマだった1996年春夏のCOMME des GARÇONSのコレクションで見たドレスの配色が頭の中をよぎり、このシャツを選びました。足元は軽快に見せるべくFUMITO GANRYUのスニーカー、羽織りにはポリエステル素材の軽いコートを。このコートはフロントボタンがスナップボタンなので気軽に羽織れますし、袖口幅もスナップボタンで調整できる優れものです。小襟でVゾーンもコンパクトですので品良く見えるのも良いですね。

岩下=174cm
・コート(District):¥37,400 (tax in) 1125-299-7807(着用サイズL)
・シャツ(COMME des GARCONS SHIRT):¥60,500 (tax in) 1168-303-2870 (着用サイズM)
・パンツ(District):¥25,300 (tax in) 1114-243-7685(着用サイズS)
・シューズ(FUMITO GANRYU):¥36,300 (tax in) 1369-599-0530
・バッグ(SUSAN BIJL):¥5,280 (tax in) 1332-343-6599 


ヨシワラ)常に、“カジュアルでもシックに、シックでもカジュアルに! 心掛けています。 
今回選んだのも“ネオンカラー”を使った半袖シャツと、グレーにベージュの格子柄のパンツを合わせてみました。 2~3年位前から様々な服が“チカチカ”し始め、なんで気になるのか? ラインマーカーの蛍光ピンク&イエローで見慣れていたんですね! 刷り込まれていました。+ビッグシルエット+ロンドンストライプで、しかもプルオーバー。 ツボでした! 素材視点では、ペットボトルと繊維くず等から再生した、リサイクルポリエステル繊維を使っています。
ボトムスはシックに! グレーベースにベージュの格子柄でゆったり目のクロップド “大人感”が出る+レーヨン70%/ヘンプ30%で清涼感もでました。シューズはブラウンのU-TIPで合わせてみました。 

吉原=173cm
・シャツ(District):¥17,600 (tax in) 1116-299-0993(着用サイズS) ※ 4月23日発売予定
・パンツ(District):¥30,800 (tax in) 1114-243-7728(着用サイズM)
・シューズ(Paraboot):¥71,500 (tax in) 1331-499-5960(着用サイズ6)


クリノヒロフミ)‘さようならビジネススーツ。こんにちはお洒落スーツ’
ディストリクトのお客様にはいまさらの話題とは思いますが、ほんの少し前まで日本(及び世界)では‘スーツは男性が主にオフィスで仕事をするための仕事着’でした。
‘でした’と過去形で言ってしまう理由は、スーツやジャケットスタイルがオフィス着の主流であること自体が年々減少しつつあったうえに、新型コロナウィルス感染症禍の影響で都市部に行き交う人数を減らす施策としての‘リモートワーク’が急速に現実化したからです。
リモートワークは在宅や仮の仕事場でワークする体制を可能にしました。
と、ここまでが状況説明。つまり
①スーツを着て仕事に行くことがマストでは無くなりつつある
②仕事に出かけるという行動自体が減少中
なのです。この状況は‘お仕事着としてのスーツ’が商いの中心の業種にとってはネガティヴです。
しかし一方で僕(やディストリクトのお客様)の様に‘着たいからスーツを着る’という人種にとっては、そもそも‘サラリーマンスーツ’的な言われ方をしてきたスーツ自体の立ち位置に抵抗もありました。‘スーツ=サラリーマン的’って……。サラリーマンそのものは自分達も同じなので否定的ニュアンスは無いのですが、スーツの在り方やスーツを着る行為をステレオタイプ的に捉えてしまうのは洋服文化的にマイナスでしょう。
そうなのです。‘スーツは仕事着では無い。少なくとも、そこに限定しない’という立ち位置はスーツ君達と、スーツやジャケットスタイルを愛する僕達にとってポジティヴ要素になり得る、のです。ではこれからのスーツ君たちの運命は? ‘お洒落着’です。
スーツやセットアップには様々な利点があります。視覚的に上下が同じ色や柄のものを着ると、その‘繋がり感’でスラリと見えます。また、いわゆるキチンと感、もある。あるいはスーツというフォーマットのなかでいかに遊ぶか? シャツやタイや靴やベルト……あるいはニットやTシャツやスニーカーとの組み合わせ。そしてスカーフやショールとの相性。
どうですか? 楽しいですよね。そんな訳で、最近のクリノは以前にも増してスーツやジャケットを着ています。
ここでご紹介するスタイリングの詳細は下記をご覧ください。

栗野
・ジャケット(District):¥86,900 (tax in) 1121-259-2672 (着用サイズ48)
・パンツ(District):¥49,500 (tax in) 1121-259-2673(着用サイズ48)
・シャツ(District):¥20,900 (tax in) 1111-265-2925(着用サイズ39)
・タイ(District):¥9,680 (tax in) 1334-699-0091
・シューズ(F.lli Giacometti):¥97,900 (tax in) 1331-499-8660 (着用サイズ41)

このスーツで白いシャツに黒のニットタイ、黒のオクスフォードタイプのレザーシューズというスタイリングにされると逆にストイック感ある、シリアスな印象に仕上がります。


今春も楽しんでください! 2021年4月