UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

Districtごほうびギフト

世界規模の大転換になった2020年もまもなく暮れます。いろんなことがありましたがひとまずこの機会にお疲れ様と労わってあげましょう。身近で頑張っている家族に、パートナーに、もちろん自分にも……。
秋冬シーズン最後の【通信】はそんなギフトのオススメをご紹介します。

モリヤマ)ここ数年ずーっとSUSAN BIJL(エコバッグ)を、気分で色を変えながら通勤しているモリヤマです。50過ぎたおじさんがカラフルなショッピングバッグで電車に乗っている間の抜けた姿は気に入っているのですが、時々それでは困る出先とかシチュエーションというのもあるので、小ぶりなレザーバッグを自分にご褒美にしようかな。MAISON MARGIELAの小ぶりなウエストバッグなら奥さんとも兼用でいけるし、表向きはプレゼントにしてたまに借りても良いですね……。上品なシボ革使いで小さくてもクオリティの高さをうかがわせる感じはオトナ。ロゴもなくいつものステッチが背面に入るだけとアノニマスなたたずまいで、主張しすぎないところも贈り物にオススメです。

・バッグ(MAISON MARGIELA):¥93,500 (tax in) 1351-499-0325


ヨシワラ)ゲッターさんの占いで生年月日を調べたら、『銀の時計』でした。 振り返ってみると、やはり時計には縁があり、その年代年代で、想い出の時計が自分の手首に回っていました。最初は実兄からのプレゼントのダイバーズウォッチでした。今も持っています。PR時代に手掛けてブームとなった時計とか、お客様から譲っていただいたモノとか、いろいろ思い出します。 そして今回自分が欲しいと思ったのは、CASIOの「5416 G-SHOCK AW500BB-4EJF」。当時手掛けた最初のコラボモデルの最新カラーバージョンです。 15,000円以内でプレゼントしても、貰っても大袈裟じゃなく、しかも嬉しいじゃないですか! 赤く太い幅のブレスレットですね! さりげなく差し上げて、心に残る贈り物になると思いますよ! 誰か下さい!

・ウォッチ(CASIO):¥14,300 (tax in) 1343-599-2086


ナガクラ)例年よりたくさんのことを考えて行動した一年だったと思います。過ごしかた、働きかた。それに伴ってお買い物のしかたも大きく変わりました。そんななか、Districtの一つのキーワードとしてブログなどで度々目にしたのは“District NEW CLASSIC”。時代に左右されない本当に必要なものを皆様に! とイイジマ―二がお届けしているブログです。私もまさに今欲しいのものはそのように思えるものです。「時代に左右されない」「必要不可欠なもの」「上質で作り手の温もりが伝わる」……そんなことを考えながら季節と照らし合わせてみたら巻物ですよね。となるとDistrictと言えばdenis colomb。今年も良いものばかりですが、無地のダークブラウン・ワインレッドに惹かれます。毎年この季節になったらクローゼットから出して使う。季節が終わればしまう。そんなことを気分に左右されずにずっと続けられそうなストール。今まで巻物は柄物が多かったので無地を欲している自分が少し大人に近づいたようで嬉しい気持ちもあります。欲しい!!

・ストール(denis colomb):¥51,700 (tax in) 1336-343-3731


クズヌキ)私が今シーズン購入したもので一番活躍したDistrictのSMOOTH CGNはとにかくオススメです! 変に真面目にならず、とはいえカジュアルにも見え過ぎない絶妙なバランスで、様々なコーディネートに自然にマッチするのが登場回数の多い理由です。素材も商品名のとおりスムースな素材感で所謂ニットとは違い気軽に扱えるのも嬉しいポイント。ビジネスでもジャケットを着用しなくなった方も、家でリモートワークの際に軽く羽織れるカーディガンとしてご愛用いただいていたりと、あらゆる方に様々なニーズでご着用いただいています。……ということは誰に差し上げても喜んでいただけるのではないでしょうか!?

・カーディガン(District):¥23,100 (tax in) 1112-299-2270


イワシタ)District 20周年を記念してscyeに別注で作っていただいたフーディ。ほどよくゆとりのあるサイズ感、重ね着するとモフモフして「重ね着向いてないなこれ」となるような感じは皆無でソフトな質感、裏毛ではないからといってのっぺりすることも無く、シャツの襟が立っているようにフードが立体的になる。といった理由からご好評いただいているこちらのフーディ。シンプルで上質なモノが選ばれるようになってきた今、こういうものが欲しい方は多いのではないでしょうか!? 私も欲しいですー!!

・フーディ(Scye):¥35,200 (tax in) 1165-599-7584


イイジマ)Districtにギフトを探しにご来店されている方は比較的少ないです!(笑) おそらくそういったイメージが少ないのかもしれません。ですが、面白いものはいっぱいあると思っていますし、お客様のお声に最大限応えたいと思っているスタッフがおりますので、安心してお店にお越しいただき、お気軽にご相談ください。 最近よく悩むのが、意外とあげる機会も多いプチギフト。友人の誕生日や送別品、何かの御礼……などなど。何か良いものはないでしょうか? と相談されても、靴下どうですか? とか手袋? マフラー? などなど定番的なものに偏りがちです。そこで私がおススメしたいのは、HANDROOMからリリースされるマスクストラップです。マスクストラップ? と思われる方も多いと思いますが、巷で少しずつ付けている方も増えてきました。グラスホルダーのマスク版と思っていただくとイメージしやすいと思います。オレンジ・ブラック・オリーブの3色展開で、コーディネートの差し色にもなりアクセサリー感覚でお使いいただけます。マスクを外してポケットに入れるとクシャクシャになってしまったり、再び付けるのが少し嫌だったり……。ちょっと外したいときに首元にプラッと掛けられるので、とても便利です。これ、まだまだ一般に浸透していないので、プレゼントにも喜ばれると思います! プレゼントを探していたのに、自分用に欲しくなってしまう可能性大ですが、そこも含めオススメです。

・ストラップ(HAND ROOM):¥1,500 (tax in) 1349-599-4218


ハマモト)この状況をまだ乗り越えたとは言えませんが、世界中のほとんどの方々が一日中マスクを付けたり、色々なことに気を使って日々を過ごしていることと思います。働いている時間は減っているはずなのに、思ったよりも心や体が疲れている……きっとそんな方が多いのではないでしょうか。冒頭にある通りですが、まずは自分自身への労いやご褒美を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。ブログでも度々ご紹介しているサルーテピウのカシミヤシルクのニットは今回の一番のおすすめです。一級品の糸を使用して仕上げているので、よく見えるのは勿論なのですが、何より着心地が素晴らしく良いのです。かっこよく見えるだけでなく、着ていて本当に気持ちが良く、心も安らぎます。健康をプラスするというブランド名の通りですね。これを着て今年の年末年始も乗り切りましょう!

・ニット(Salute +):¥69,120 (tax in)


コバヤシ)大きなバッグばかり愛用している自分が言うのもあまり説得力はありませんが、ミニショルダーバッグが気になります。ただ、財布に携帯、鍵や本など入れたいものが少ないわけではないのでマチが無いと困ってしまいます。そんななか見つけたのが、RAF SIMONS×EASTPAKのミニリュック! 初めて見た時は、リュックとしては小さすぎる……と思ったのですが、持ち方によっては斜め掛けができることに気が付いてからは、俄然気になりだしました。ミニショルダーバッグを持っている方は増えておりますが、リュックを斜め掛けしている人はあまり見ないですよね? 人と被らないけれど意外と実用的で男女問わず使えるデザインのこのバッグは相手へのプレゼントまた自分へのご褒美としてもおすすめです!

・バッグ(RAF SIMONS×EASTPAK):¥27,500 (tax in)