District UNITED ARROWS


District
ミリタリーパンツ
リネン \19,000
コットン \15,000

白中心のバリエーション

District
パラシュートパンツ
\24,000
ホワイト、ベージュ

光沢感のある素材を使用

District
コットンツイル イージーパンツ
\16,000
カーキ、ネイビー

裾はジップ対応

大人っぽいカラーリング

新シーズンはボトムから

掲載商品はすべて税抜き価格です。商品に関するお問い合わせはすべてDistrict UNITED ARROWSまでお願いいたします。
District 通信
District 通信
新入荷、コーディネートはボトムから
これから本格的になる酷暑、残暑のオシャレは
ボトムから決めてみませんか?
Districtオリジナル軍パンは、まさに夏向きのアイテムです。
セールも一段楽して秋物に突入です。
が、そのまえに酷暑から残暑の2ヶ月は皆さん公平に訪れる訳で
現実問題として通勤、遊びに何を着るかという課題を
まだまだ克服しなければ、この時期出歩くのも
大変な思いをしなければなりません。

メルマガを登録されているお客様にはお伝えしましたが、
夏の少ないパーツの中でもコーディネートを左右するのは
なんといっても面積の多いボトムです。
そこで夏向きの軍パンが登場です。

去年の秋から継続して人気のある6ポケットのパンツですが、
Districtスタッフも何も考えてなかったわけではありません。
大人っぽいコーディネートをするならモロ、
ミルスペックの軍パンだけではコーディネートしづらいだろうと
いろんな素材の候補をみんなで考えました。

チョークストライプのスーツ素材もかっこいいだろうとか、
カシミアのトロトロ高級素材を乗っけたら?とか…
(この辺は上がってくるシーズンも考えて今回は見送りましたが、いずれ…)
まずは有力候補だったリネンと薄手コットンの洗い加工の2素材を
いままでも好評だったヘリンボーン地の
Districtオリジナル軍パンのカタチに乗せてみました。

どうしてもデザイン的にボリュームが出るので
軽い色目のほうが夏向きだよねという意見から
白中心のカラーバリエーション。
さわやかですが実際の印象はそれなりに強気に見えて
Districtらしい仕上がりです。

素材は大ヒットだったウォッシュドジャケットに使用した
リネンとコットンピケを選び、
ジャケットをお買い上げいただいた方には
スーチングも可能にしました。

もちろん前回イージーパンツと上下でお買い上げいただいた
お客さまは、替えパンツとして使用してください。

ジャケット+軍パンのコーディネートとはいっても
雑誌のように上手くはいかないと苦戦された方、
これくらいの迫力とクリーンさがあれば
(素材感はとってもゆるい感じもアリ)
すんなり合わせられる気がしませんか?

さらにあまのじゃくのモリヤマは世の軍パンブレイクを見ながら
別に6ポケットの形とイタリア軍の裾ジップだけが
ミリタリーパンツじゃないんだよな…とちょっと不満でした。
まだまだミリタリーパンツにはバリエーションあるぞと思って
提案したのがパラシュートパンツ。
(太ももフロントに大きなジップポケットの付いたアレです)

ちょっとした差別化するにもディテールは
6ポケット以上に満載だし、背の低い私でもモモのポケットは
すっきりだし、デザイン的には文句なし。
欲をいえばこれも素材はもっと大人っぽい生地を乗せたいな
と考えていました。

色も軽めのトーンで作ると大人っぽいかな
と漠然と思っていたのですが
Districtの商品開発を行っている篠田が
最適の素材を見つけてくれました。

組織はコットンカルゼなのですが、
一見ドレスシャツに良く使われるフレンチツイルのような
光沢のある素材です。チョイスした色もやはり白!とベージュ。

サンプルの検討段階でふくらはぎ側面についている
ジップの位置を高くして脚長効果を出したり、
大腿部フロントポケットも両側面から開く形状
(本来の作りではコレ)を、うるさいので
片面からのみオープンに変更したり
細かなディテールの配置、付属のチョイスまで
こだわって作った力作です。
軍パン人口の増加でちょっと差別化したい皆さんには
こちらをお勧めします。

そこまでディテール満載じゃなくてシンプルにしたいんだけど
どうして軍パンばっかり紹介するの?
と思っていた方々には新型イージーパンツ(夏仕様)をお勧めします。

いままで数々の名作(迷作?)を産み出した
イージーパンツプロジェクトも前開きモデルの登場で
ほぼ完成形が見えてきました。
最近あちこちのお店で目にするようになり、
ちょっとした流行になっていませんか? 
ただしキレイなシルエットで傍目にはイージーに見えない
という部分はDistrict、かなり自信あります。

今回登場したのはウォッシュドのコットンポプリン。
これまたシャツ地(またはトランクス!?)かと思うくらいの薄さ。
(でもスプリングコートにも使用できるくらい高密で、
強さもあるため、心細さは感じませんのでご安心を)

色目もベージュと黒で大人っぽく、
高密の素材のため洗った表情も
シームにアタリがでてイイ感じ。
夏の軽さも出せるように
今回、裾にジップをつけてフレアにできるような
ディテールを追加しました。

前述したように極端にシンプルにしすぎると
パーツも少ないシーズンなので寂しくなっちゃうんですよね。
その辺の計算もキッチリされています。
(そのうえちゃんと裾上げもできるようなパターン構成だったり…)

今回は全てボトムの紹介でしたが正直私自身、
新しいシーズンの買い物は靴とパンツから始まります。
なぜか理由を考えたことはなかったのですが
自然とコーディネートもできあがっていき、
そのシーズンの買い物計画も立てやすいので
皆さんにもこのパターンお勧めします。

そういえば毎朝のコーディネートも靴かパンツを
先に決めている気がします。
隣で今休憩している萩原も同様みたいです。
二人とも理由はわかりません。(泣)

District UNITED ARROWS
森山真司

COPYRIGHT