UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

District GRAY GREY
おすすめスタイル

前回のDistrict通信でお伝えしたとおり、2019年秋冬のテーマは「Gray Grey」。ディストリクトのスタッフは、このテーマをどう具現するのか? それぞれのおすすめをご覧ください。

モリヤマ)高校生の時に初めてスーツを買った時も最初はネイビーにしろと先輩からさんざん言われたにもかかわらず、しょっぱなからチョークストライプのグレーのスリーピースを買ったほど、もともとグレー好き。今年はK ITO(ケーイトウ)のカーディガンを購入しました。以前ならジャケットの中に着るから細身で……なんてサイズ選びをしたはずですが、カット仕立てでルーズフィットのこのカーディガンは、それだけでちょっとしたジャケットのように。ハイVで襟腰は着物のように立ち上がるので、インナーに着るだけなのはもったいない一枚。フランネルのグレーのパンツを先々は合わせようと思いますが、まだフランネルには暑いのでコットンパンツ、個人的にグレーに合わせる色として再注目しているオリーブの褪せたチノ9 1プリーツを合わせるのが気分です。インナーには同じくK ITOのグレーのウールテンジクタートルをアンサンブルのようにシンプルに合わせれば、リラックスかつオトナっぽいグレースタイルの完成です。

・カーディガン(K ITO):¥20,000 + tax
・タートルネックセーター(K ITO):¥16,000 + tax
・パンツ(DISTRICT):¥17,000 + tax
・シューズ(JOSEPH CHEANEY & SONS):¥71,000 + tax


ハマモト)しばらくブラウンやチェック柄などややあたたかみのある色柄の気分が続いていましたが、この秋冬はいろいろなブランドからグレーの提案が見られており、久々に新鮮に感じていました。クリノもDistrict通信で触れておりましたが、特にDRIES VAN NOTENのグレーの取り入れ方にやられてしまいました。
なかでもロールアップしたデニムに合わせたグレーのステンカラーコートが抜群にかっこよかったです。クラシックな装いにもピッタリはまりそうですが、インナーには白いTシャツに上にDistrictのハイゲージのクルーネックをラフに合わせたいですね。色はスモーキーなブルーグレーチョイスすれば、チャコールグレーのコートにもきれいに合わせられそうです。パンツは同じくDRIESの黒のワイドパンツで足元はVANSのかすれたブルーのオーセンティックを合わせれば、「好きそうな合わせですね」と言われそうなコーディネートのでき上がりです(笑)。

・コート(DRIES VAN NOTEN):¥196,000 + tax
・クルーネックセーター(DISTRICT):¥24,000 + tax
・Tシャツ(DISTRICT):¥7,800 + tax
・パンツ(DRIES VAN NOTEN):¥81,000 + tax
・スニーカー(VANS):¥8,500 + tax


イイジマ)グレーにもいろんなグレーがありますが、冬に着たいグレーは、いわゆるフランネルのグレーのスーツではないでしょうか? ミディアムグレーのフランネルは男性なら一度は憧れるアイテムですよね。そう思って昨年オーダーをしたのが、このCARUSOのサキソニースーツ。フランネルほどの厚い生地ではないのですが起毛感があり、その生地の軽さから早い時期でも秋冬気分を取り入れられます。みなさんが愛用されている、サージのスーツをより冬っぽい見た目にしたと言えばわかりやすいかもしれませんね! 今年はF.LLI Giacomettiのウイングチップを購入したのでこちらを合わせ、インナーはts(s)の別注タートルを着て、冬のスーツスタイルの完成です。このタートルはミディアムグレーのジャケットよりも暗い色に別注してもらっているので、合わせやすいと思います。アウターにはmandoのライナー付きコートを羽織れば、11月から3月までこの服装で良さそうです。しっかりと全身グレーのコーディネートですが、いかがでしょう? みなさまもぜひ、お試しください。

・コート(mando):¥86,000 + tax
・スーツ(CARUSO):¥168,000 + tax
・タートルネックセーター(ts(s)):¥18,000 + tax
・シューズ(F.LLI Giacometti):¥92,000 + tax


クズヌキ)グレーは個人的にも好きな色で、今シーズンに限らず全身グレーのコーディネートなんかも楽しんでいるクズヌキです。ブラックとホワイトの間のカラーは全てグレーで、トーンによってまったく違った表情になるのがグレーコーディネートの面白いところ。明るいグレーであれば柔らかい印象、暗いグレーであればクールでキリっとした印象になります。個人的に多いのが、ライトグレー~ミディアムグレーに他のアクセントカラーと合わせるスタイリングです。今シーズンのアイテムでコーディネートするのであれば、まずグレーのbergfabelのジャケットにインナーはUNDERCOVERのグレージュのニット、KIJIMA TAKAYUKIのグレーのフェルトベレーに足元にもしつこくNEW BALANCE990v5のグレーを合わせて、アクセントカラーにDistrictのグレイッシュなピンクのコーデュロイを持ってきます。真っ当にグレーではありませんが、グレイッシュなカラーリングのもの同士を上手く組み合わせると良い雰囲気にまとまりますよ!
どんな色とも調和するのもグレーの良いところです。みなさんなりのグレースタイルを楽しんでみてください!

・ジャケット(bergfabel):¥136,000 + tax
・パンツ(DISTRICT):¥24,000 + tax
・タートルネックセーター(UNDERCOVER):¥58,000 + tax
・スニーカー(NEW BALANCE):¥28,000 + tax
・ベレー(KIJIMA TAKAYUKI):¥15,000 + tax


ヨシワラ)始まりは高校生の頃、グレーフランネルでやや生地が厚めのノープリーツパンツを買ったのが最初だった。グレーの上下で着るのは、あまり好みではないので、ボトムスであわせるのが好きだ。FUMITO GANRYUでネイビージャケットを購入済みで、同素材でグレーのボトムスを、セットアップにしたい。 インナーには、これも購入済みのGITMAN VINTAGEクレイジーストライプBDを! タイもレジメンタルストライプで合わせ、足元はVANSです!
令和元年の秋冬はトラッドマインド溢れるスタイル? でスタートだ!

・ジャケット(FUMITO GANRYU):¥52,000 + tax
・シャツ(GITMAN VINTAGE):¥21,000 + tax
・タイ(DISTRICT):¥8,800 + tax
・パンツ(FUMITO GANRYU):¥34,000 + tax


コバヤシ)GRAY GREYがテーマの今シーズンですが、ネイビー派の私にとっては全身グレーにはやや抵抗があり(グレーのフランネルは好きな矛盾はひとまず置いておくとして)、今回のコーディネートに少々迷いました。そこでネイビーコバヤシが提案するのはts(s)のネイビーのロングベストにグレーストライプのts(s)のワイドパンツを合わせて、さらにインナーにはKITOのタートルネックを持ってきました。そして足元には私が購入後かなりの頻度で履いているPHOTONで全体を引き締めれば、私オススメのグレーコーディネートの完成です。さらに寒くなってきたら、首にはDRIES VAN NOTTENのノルディック柄のマフラーを巻くのも良いですよ。

・タートルネックセーター(K ITO):¥16,000 + tax
・ベスト(ts(s)):¥49,000 + tax
・パンツ(ts(s)):¥29,000 + tax
・マフラー(DRIES VAN NOTEN):¥39,000 + tax
・シューズ(Paraboot):¥58,000 + tax


イシワタ)GRAY GREYと聞き頭に浮かんだのがこちらのERNEST W BAKERのジャケット。色で思い浮かべたのもそうですが、洋服そのものが放つパワーによって私の脳に印象付いたのかもしれません。パワーといえば某きんに君を連想させますが、ディストリクトではERNEST W BAKERです!
グレーを基調としたハウンドトゥース、黒革のエルボーパッチ、そして80年代を彷彿とさせるパワーショルダー。今年の秋冬はこのジャケットのインナーにKITOのウールテンジクのセーター、パンツにSCYEのデニム、足元はBY別注のALDENのモディファイドラスト、そして締めは首元にCHROME HEARTSのシルクスカーフを巻けば完成です。レアスニーカー、タピオカ等流行は常に変化していくものですが、ここで時代を遡ったスタイルをするのは粋ですよね。みなさまグレーを使ったコーディネートを楽しみましょう!

・ジャケット(ERNEST W BAKER):¥118,000 + tax
・タートルネックセーター(K ITO):¥16,000 + tax
・パンツ(SCYE):¥26,000 + tax
・シューズ(ALDEN):¥118,000 + tax