UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

スーツでしょ! 2019春夏コム デ ギャルソン オム プリュスの意味するもの

コム デ ギャルソン オム プリュスの最新コレクションのテーマは‘Crazy Suits’。とはいえスーツには見えないアイテムが並びます。その意味するものとは? クリノが語ります。

コム デ ギャルソン オム プリュス(以下プリュス)の2019年、春・夏コレクションについてお話します。テーマは‘Crazy Suits’。それは昨今’トレンディー‘あるいは’ファッショナブル‘とされる多くのブランドが’ストリート‘というテーマの下に皆似通ったデザインやアイテムやスタイリングになっている現実へのレイ・カワクボからのアンチテーゼ。話題のスニーカーやプリントTシャツさえ身につけていれば’ファッショナブル‘とされる……。そこに’バズ‘はあってもオリジナリティーや創造的熱量、そして’個性‘が乏しいのでは? と感じたデザイナーからの反論的メッセージでした。
Tシャツとスニーカーばかりもてはやされるのであれば、その対極に位置するものこそ本当に格好良いのではないだろうか? と。その答えが‘Suits’でした。’解体と再構築‘としての’プリュス的スーツ‘をカタチにすること、それを着ることで’みんなおなじ‘状況にレイ・カワクボ流のパンチを喰らわせたのです。

ではこの様なスピリットが込められた’スーツ‘とは?
上着とパンツの素材が共通であったり、肩幅がジャストであったり、中に着ているものがシャツ&ネクタイであったり、パンツがフラットフロントであったり……以上は今回のコレクションの基を成すエレメントですが、同時にそれ以外は所謂’スーツ‘から逸脱した発想の集大成です。短冊の様に垂れ下がった生地、カットオフされた上着、左右の身頃が素材違い、上着にもパンツにもシャーリングが入れられて皴になっている、細かく裁断された迷彩柄の生地を繋ぎ合わせて作った文字通り’カモフラージュ‘なセット・アップ、上着の上に乗ったミニ・ケープ(?)状の物体etc……。

・ジャケット:¥213,840(税込み)

・シャツ:¥20,520(税込み)

・ジャケット:¥140,400(税込み)

・パンツ:¥75,600(税込み)

“何がスーツやねん!”とリアクションする人がいたらレイ・カワクボの作戦は成功です。

ファッションとはPROVOQUE。見る人や着る人に、まずはある種の抵抗感や反発を与えるということは‘創造性’によってヒトの五感を刺激し‘挑発’するということ。そして最初は‘ン?’と思うものほど、あとからそれを理解したときにより深い感動と共鳴が生まれます。たとえば僕にとってロキシー・ミュジックやアンディ・ウオーホルがそういう存在でした。なんだコレ? と思ったり一種の拒絶感を覚えたりするものほど、それを好きになってからの‘好き度合’が濃厚なのです。
プリュスのCrazy Suitsを観たひとは驚いたり混乱したりするかもしれません。しかしそのひとの知覚回路が開いていて感性が柔軟であるならばコレクションで使用されている生地の美しさやディテールの面白さにまず目がとまり、次に服としての磁力を意識し、最終的にはその魅力の虜になってしまうかもしれません。

僕は80年代からプリュスのコレクションを観続けてきましたが‘PROVOQUE/挑発’は常にこのブランドの、そしてコム デ ギャルソンという会社自体の本質だと思います。しかしそれは破壊的なものでなく、あくまでも“新しい何かを創造すること”であり、これを連続させること=独立したファッション・ビジネスを継続発展させることを一貫してきました。創造的でオリジナルな服がビジネスを生み、それを着る人の昂揚感が世の中を活性化する……。ポジティヴな‘挑発’の連続です。

また、コム デ ギャルソン/COMME des GARÇONSという社名は直訳すれば‘少年の様に’ですが、そこには永遠の好奇心や挑戦心のスピリットがこめられていると同時に、レイ・カワクボが常々コメントする‘ファッションにおいて紳士服には服作りの基本がある’ことも意味されていると思います。今回紹介するのは彼女のメンズ・ラインですが、2019年、春・夏パリ・コレクションで圧倒的な評価を得た同ウィメンズ・コレクションにおける‘表面的デザインではなく内面を、コム デ ギャルソンというブランドの本質をカタチにした’服作りにも彼女の原点である’紳士服的ものづくり‘が感じられました。丁寧に仕立てられたスーツやコートに’鋏を入れる‘というコンセプトでしたが、その大胆な発想を具現化した背景にも’Suits/紳士服‘という背骨部分が強く感じられます。そういえばプリュスでスタイリングのノイズとしてポジティヴに機能していたアクセサリーも’骨(Bone)’でした。

2019年、春・夏のプリュスは‘プリュス的なこと’の集大成でもあり僕はそこに高い完成形を見ました。僕が33年間観てきたものの発展形、進化形……アヴァンギャルドであることを磨き続け、完成度を高めることが可能であることがここに証明されています。

・パーカ:¥96,120(税込み)

・パンツ:¥78,840(税込み)

・シャツ:¥39,960(税込み)
・Tシャツ:¥18,360、¥20,520(税込み)

・パンツ:¥42,120、¥42,120(税込み)
・パンツ:¥46,440(税込み)

・スニーカー:¥34,560(税込み)

同時に興味深いのは、今回のプリュスの‘Crazy Suits’のおかげでSuitsそのもの、クラシックなスーツの素晴らしさや楽しみ方も再確認されました。僕自身、2018年後半からはジャケットを着ても上下に共通のニュアンスを持たせたり(チェック+チェック),実際に所謂スーツを着たりすることも増えてスーツの魅力を再確認中です。ユナイテッドアローズやディストリクトのスタッフでもスーツを面白く着ている姿を多く見かけます。イタリア製のスーツを着てインナーはスケーターTをあわせて足元はコンバース、とか、ネイビー・ブレザーの中にフーディを着てパンツは素材違いのネイビーのワーク・パンツを合わせる……彼等のスタイリングを見ていても’スーツの気分だよね!‘と思うのです。

では皆さんも楽しく服を着て、楽しい日々をお過ごしください。


2019年1月 クリノ・ヒロフミ