UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

District 春夏お買い物総集編

春夏物の入荷もほぼほぼ一段落。1月のタチアガリから一足先にシーズン物を買い物しまくったDistrictスタッフの個人的オススメをご紹介する総集編をお楽しみください。

ハマモト)今シーズンはCARUSOのチェックのジャケットにPARABOOTのWILLIAMとちょっとクラシック寄りなものから入ったかと思えば、UNDERCOVERの袖なしライダースにDistrictのボンデージパンツなどしっかりと強めなものまで手を出し、脈絡はないながらも自分がちょっとずつ新鮮と思えるものを少しずつ取り入れられたかなと思っております。仕上がりの画が結局「っぽいよね」となってしまうのは、それはそれでアリかなと思っています。(笑)

そんななか、購入して非常に気にいっているのがCASEY CASEYの白のバンドカラーシャツ。最初はなんてことないシンプルなシャツだなと思って見ておりましたが、ほど良くゆるいシルエットや、フラットな裾のデザイン、そしてなによりブランドのこだわりとも言える素材の良さが非常に刺さりました。しなやかでいて張りがあり、オックスフォードともブロードとも違う独特な雰囲気を持った生地感が、着ていてとても心地よいです。アイロンをかける必要がないぐらい洗濯した後の表情もとても良いので、ついつい洗いたくなってしまいます。シワ感のあるシャツの素材を活かして、パンツはウール×ポリエステルのカルゼの9 1PLTのネイビーを。足元は黒でも良いですが、BASSのバーガンディのローファーで全体の柔らかさを損なわないようにしたいですね。実際に自分もやっていますが、少し肌寒い時はワッフルクルーカーディガンの白を羽織って、襟や裾の見え方に変化をつけるとこれまた新鮮でした。白×白は色の差を少しつけると良い感じに決まりますので、ぜひ一度お試しください!

・シャツ(CASEY CASEY):¥46,400(税込み)
・カーディガン(DISTRICT):¥15,120(税込み)
・パンツ(DISTRICT):¥24,840(税込み)
・シューズ(BASS):¥23,760(税込み)


モリヤマ)この春夏はPLUSの花柄刺繍ベストに始まり、mandoのバティックプリントジャケット、階下の6Beauty & Youthではレディースの全面織り柄のチャイナジャケットと柄ものづいてしまったシーズンでした。以前からストライプONストライプやチェック×チェック、ブラックウォッチあつめコーディネートなどガラガラなあわせは大好きでしたが……。さてシーズン進んで夏の柄物といえばアロハシャツ。気になります。
いろんなアロハキャラの影響を受けてきましたが、着こなしでダントツに好きなのは、昨年惜しまれながら故人になってしまったハリー・ディーン・スタントンが『エイリアン』(1979)で見せてくれたコーディネート。オリーブのGスーツをモチーフにしたミリタリー風ブルゾンのインナーによれよれのアロハ。宇宙でアロハですよ笑。

kolor/BEACONのアロハを前回もオススメしていましたが、インナーからチラリと見せても良しアウター代わりに羽織っても良しで、やっぱりこの夏に締めくくりにと思っています。コーディネートも『エイリアン』にならってオリーブ系のパンツとあわせるのが落ち着きますね。ノストロモ号のキャップも忘れずに……。

・シャツ(kolor/BEACON):¥39,960(税込み)


ヨシワラ)スタートは①PLUS(NIKE AIRMAX 180)ピンク×ホワイトがお気に入りで、デッドストックの1964年モノの軍パンに合わせるのが最近のお気に入りですが、1月に購入し、現在は在庫なし!⇒ ②kolor マドラスパッチワーク・プルオーバーシャツはまだ、一度しか着用できていない。まだちょっと寒いのでこれから着用回数は増えてくるでしょう。 ただこのシャツも1月に購入していまして3月には売り切れているので、現在は在庫なし! ⇒ ③UNDERCOVER CREAM SODAブルゾン 個人的にはブラックが欲しかったのですが、ツベコベ能書き垂れていると売り切れそうでしたので、即購入! サイズ2でやや大きめのバランスを、乾燥機で縮めたら、絶妙の肩幅になり、見事に成功! 今期最高のお気に入りとなりました。現在は在庫なし! ④PORTER FLEX 2WAY HELMET BAG これは非常にヨクデキなポケッタブルバッグでヘルメットバッグですが、ヘルメットが入るほどの幅は無く見た目のデザインになっていて、最近お気に入りのコーチジャケット等をサッと入れるのに、とても便利です。ナイロンリップストップ使用でミリタリー感も出て雰囲気もお気に入り、使って気に入り、大満足です。こちらは在庫あり!  以上の品々を購入してみましたが、なんとなく今シーズンの自分のなりたい雰囲気が想像していただけたでしょうか? 想像できなければ、店でお話ししましょう! お待ちしています!

・バッグ(PORTER):¥14,040(税込み)


ナガクラ)今年購入したアイテムは気付いたら買ったことのないような鮮やかな色やPOPな雰囲気のモノもしくは柄! といったアイテムに偏っていました。まず始めにDRIES VAN NOTENのオレンジのブルゾン、今期のDistrictテーマともいえるダークチェックの柄物IVYスーツ、JW.ANDERSONのステッカーを貼り付けたようなポップなポロシャツ、そして最近購入したCDG SHIRTのライトブルーシャツ。どれも手持ちにはない柄や色ですが、自然と今期買いたいアイテムで心待ちにしていました。暑くなってきたのでオレンジのブルゾンはいったん御役御免となりますが、ここからさらに着倒したいのはダークチェックの3つボタンジャケット! これにシャツはCDG SHIRTのライトブルーシャツ。そして暑くなってくるのでScyeのトロピカルウールのタック入りショーツにPARABOOTのBARTHでいかがでしょうか?(素足もいいですが靴下ありがオススメです)王道なトラッドスタイルにみえますが、いろんなブランドが混ざったDistrictスタイルです! 自由なコーディネートをぜひ楽しんでください。

・ジャケット(DISTRICT):¥49,680(税込み)
・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT):¥40,824(税込み)
・ショーツ(SCYE):¥42,120(税込み)
・シューズ(PARABOOT):¥29,160(税込み)



オカノ)

・シャツ(RAF SIMONS):¥73,440(税込み)
・パンツ(HAND ROOM):¥21,600(税込み)
・スニーカー(adidas Originals):¥16,200(税込み)


イイジマ)密かにベスト好きな私が、個人的に買ってよかったものはts(s)のフィールドベストです。いわゆるフィッシングベストのような見え方ですが、たくさんついたポケットのおかげで、「着るバッグ」といった感じです。実際に仕事以外のプライベートで着ることも多いのですが、収納の多さは小さなバッグを超えるほどあります。まだ寒い時期にはコートやジャケットの上に。そしてシャツの上、最終的にはTシャツの上に着ることで、シンプルになりがちなコーディネートに一味加えることができます。ネイビーはお品切れですが、まだご用意のあるベージュも実はまだ買おうと悩んでいます。ゆったりとしたts(s)のTシャツに合わせて、夏にショーツと合わせて着たい……と妄想中です。

まだまだ夏はこれから! アウトドアにもシティにも、こんなベストは重宝しますよ。気になるかたはお早めに!

・ベスト(ts(s)):¥42,120(税込み)
・カットソー(ts(s)):¥13,500(税込み)


コバヤシ)今期は去年から続くチェック柄が気になっておりましたが、そのなかでも抜群に素敵なチェックに目を惹かれ購入したのが、Scyeのハリントンジャケット。購入する前から、なぜかこの見たことありそうでないような少し不思議な柄が気になっていました。使用されている色は赤に紺と黄色を合わせたモノですので言葉だけを聞くと、良く見る柄、何か冬物みたい……と思われるかもしれませんが、やはりそこはScyeだけあっていわゆるチェックではありませんでした。お話しによると今回のチェックのベースとなっている柄は英国のタータンチェックに代表されるような“西洋のチェック”ではなく、着物や浴衣に使われるような“格子柄=東洋のチェック”でした。チェックというと西洋のモノと勝手に考えていましたが、言われてみれば日本にもチェックはあるんですね。そんな格子柄をベースにした和洋折衷なハリントンジャケットはScyeらしい緻密に計算された柄合せや動きやすさや通気性に優れたベンチレーションと職人気質な仕上がりです。リネン/コットンの素材は半袖の上に着てもさらさらして気持ち良いので、Districtでご用意している半袖達との組合せをぜひ楽しんでください。

・ブルゾン(SCYE):¥66,960(税込み)


クズヌキ)私も今期はモリヤマやナガクラ同様に柄や色が気になるシーズンで、COMME des GARÇONS HOMME PLUS×NIKE 180(ピンク)に始まりmandoのバティック柄パンツ、MAN-TLEのキャップ(オレンジ)、DRIES VAN NOTENの半袖ニット(ライトブルー)半袖シャツ(パープル)、CASEY CASEYのギンガムチェックのシャツ、JW.ANDERSONのパッチワークデニムシャツ、UNDERCOVERの別注パジャマシャツと、振り返ってみるとほとんどが柄物や色物でした。
そんななかで、1点だけそうでないものも購入していました。そう、プロフェッサーSの自信作(http://www.district.jp/blog/2018/02/post-1536.html)Districtのアスコットシャツです! 商品説明会の時から気になっていて、クラシックな出自とプロフェッサーSのストーリーに心打たれて入荷と同時に即購入。こちらは白の無地を選びました。なんといっても長所はドレススタイルにもカジュアルスタイルにも、さらにはモードスタイルにまでハマるということ。それでいて首元のアクセントになるので、着用頻度はかなり高くなりました。個性のある色柄ものを楽しく着たい気持ちを支えてくれた、陰の立役者。思い返せば私の今シーズンのベストバイです! 次に購入を狙っているbergfabelのクルーネックシャツとも相性が良さそうです。BLOGにもあるとおり継続展開予定ですので、気になるかたはぜひお試しください! あまり難しく考えずに色々な着こなしを楽しんでいただければと思います。

・ジャケット(bergfabel):¥84,240(税込み)
・シャツ(DISTRICT):¥25,920(税込み)