UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

Honest Person

アイビー・スタイルをヒントとする、kolorの新作が入荷しました。クリノが今回語るのは、デザイナー阿部潤一さんの人柄をものがたるエピソード。「なぜランウェイ・コレクションを止めたのか?」の理由を聞いて感じたこととは?

新しい年となりました。
本年もディストリクト及びユナイテッドアローズをご愛顧いただけますよう、心よりお願い申し上げます。


年があらたまり、店頭にも2018年春・夏の新作コレクションが並びます。今回はkolor:カラーについて書かせていただきます。

今シーズンのカラーのコレクションは‘アイビー・スタイル’がヒントとなっています。これは今春のディストリクトのディレクションとも共通するもの。クリノとプロフェッサーS、そして豊永譲司バイヤーが濱本店長や店舗のスタッフ達とディスカッションし(時にはたくさんの雑談の結果!)まとめた2018年、春・夏のテーマ‘Brit Prep’と非常に良いケミストリーとなりそうです。


よく‘トレンドって誰かが決めて世界に発信しているのですか?’という質問を受けますが、そういうことは無く‘孤島に集められたプロフェッショナル達が会議を開いて決定’している訳でもありません(‘談合’なんて言語道断!)。

ファッションの潮流には社会潮流、言い換えれば‘時代の気分’が常に反映されています。簡単に言ってしまえば‘今の時代ってこういう気分ですよね’を服のカタチにしたもの。2018年春・夏に関して上記の様なケミストリーはJ.W.アンダーソンやサイにもあり、例年以上にグッドヴァイブレーションを感じています。

・ブルゾン:¥79,920(税込み)

・ニット:¥56,160(税込み)
・パンツ:¥48,600(税込み)

・ニットジャケット:¥41,040(税込み)

さてカラーです。デザイナーの阿部潤一さんとは20年以上のお付き合いになりますが、複数のメゾンで経験を積み、服のパターンを熟知した阿部さんの芸風は‘ファッション・デザイナー’というよりも‘ファッション職人’だと思っています。ビッグ・トレンドを創出したり、時代の寵児になったりすることを目指すのではなく‘自分と同じ感性を持った人たちの為に服をつくる’アルチザンという意味です。

昨年12月に阿部さんとイタリアの業界人とで会食したのですが、様々な話題のなかで‘何故カラーはランウェイ・コレクションという形式をやめたのか?’というサブジェクトになりました。そのコメントが実に阿部潤一という人物を表す内容だったので紹介します。

‘コレクションの服というものは評価もされるし批評もされるけれど、何回かコレクションを続けているうちに『ファッション・ジャーナリストうけするルック』というものが体感されるようになり、自分の中で徐々にそれを意識するようにもなってきた。勿論、彼等に評価されるのは嬉しいが、一方、本来自分は服を買ってくれる人、着てくれる人に向かってモノづくりをしてきたのに、そういう自分の意識が邪魔に感じてきた。しかもジャーナリストが評価するものが必ずしもお客様にも響くという訳では無いこともわかってきた。このままランウェイでの発表を続けていると何か自分の目指すものの本質がずれていく様な危機感を感じた。そこで大きな決断ではあったけれどパリ・コレクションのランウェイという形式をやめた’というコメントでした。

・ブルゾン:¥84,240(税込み)
・ショートパンツ:¥43,200(税込み)

・ブルゾン:¥46,440(税込み)

・カットソー:¥28,080(税込み)
・パンツ:¥42,120(税込み)

・シャツ:¥34,560(税込み)

阿部さんはとてもリアリストであると同時に、いざ何かを決めるという際にはとても勇気ある決断をされる方です。それは成功したブランドであったppcmの発展的解散を決定されたときにも感じたことでした。自らの決断や進路に関し、批判や反発があることも承知したうえで、それでも自ら責任を持って物事を決めていく……そして今回は特に“誰がカラーというブランドを支えてきたか?”という点を熟考したということ、そこに強い‘お客様視点’が感じられたことに感動しました。毎回申し上げますが僕たちがユナイテッドアローズという会社を創業したのも、その中でディストリクトという実験店舗を立ち上げたのも、全て“自分たちがお客様だったらこういうお店で買い物したい”という想いをカタチにした結果です。

阿部さんも同じお考えだと思います。別注のお願いをする際にも‘僕も似たようなこと考えていました。イイ感じじゃないですか! 自分の分も一緒に発注して買いますけど良いですか?’と言われることが多く、阿部さんの変わらぬ‘お客様視点’を嬉しく思ってきました。今回のランウェイ休止もそういう阿部さんのスピリットに根差したものであることに大いに共鳴します。

・パンツ:¥41,040(税込み)
・パンツ:¥36,720(税込み)

・シャツ:¥35,640(税込み)

・ショートスリーブシャツ:¥34,560(税込み)
・ショートパンツ:¥29,160(税込み)

・パンツ:¥34,560(税込み)

そんなわけで2018年春・夏のカラーのコレクションは今までにも増して‘お洒落好きなお客様の気持ちに響くもの’となっています。様々なチェック使い、軽いアイテム、爽やかな色使い……そしてIVYリーグ・スタイルやクラブ・ユニフォームにリファレンスしたデザイン。僕や篠田、豊永同様に皆様もきっと着たくなるアイテムばかりです。今年もカラーのコレクションにご期待ください。店頭でお待ちしています。


2018年がLoveとPeaceに満ちた年であるよう心より祈念致します。
クリノ・ヒロフミ 2018年1月