UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

2021年Districtの秋スタイリング

デザイナーブランドをたくさん取り扱うDistrictが得意とするのがスタイリング。前衛的なトガッたブランドも、人の手を感じるホッコリアイテムも、先入観にとらわれずにDistrictスタッフたちは各自の個性と感性にまかせて自由にコーディネートします。

そんな相反する要素やちょっとしたテイストの違いをコーディネートするうえで、無理なく繋いでくれるのがDistrictオリジナルレーベル。
デザイナーブランドなども使用するクオリティの生地を積極的に使ったりもするので、一緒に組み合わせても決して遜色ない質感。くわえて本社商品部のDistrict担当プロフェッサーやお店からの多くの意見をくんでクズヌキがアイデアを出したりと、デザイン性もあり、“ちょうどこんなの探していた・探してもないんだよね”とお客様に喜んでいただけることも多々あります。
2021年秋冬シーズンもみんなのオススメとおのおの着こなし方をDistrictの商品を中心にご紹介します。

今回ご紹介するアイテムの一部はオンラインストアでもお求めいただけます。
http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/_search/search_result.html?dcolor=2&p_tagid=64637


クズヌキ)Districtではシーズンテーマが「GRAYGREY」だった事もあるぐらいグレーはキーカラーです。かつて大ヒットしたアイテムでもグレーのものは多く、今シーズンも一捻りしたグレーアイテムを豊富に取り揃えております。Districtレーベルとしてこれからの季節にイチ推しのホームスパンのジャケットは4つボタンのカバーオールとテーラードジャケットの中間的存在。マチの付いたサイドポケットやトップボタンを留めて着られる仕様になっていて着こなしの幅が広がります。インナーにはこれまたありそうでなかったフランネルのクルーネック。スウェット以上の上品な質感でニット程気を使わない便利アイテムです。帽子はkijima takayukiのウールビーバーのベレー、ボトムスはkolorの2プリーツテーパードパンツ、足元はNEW BALANCEの990v2とストイックにグレーでまとめてみました。

・ジャケット(District):¥53,900 (tax in) 1122-299-5871
・シャツ(District):¥29,700 (tax in) 1111-299-3088
・パンツ(kolor):¥57,200 (tax in) 1163-599-2039
・ベレー(KIJIMA TAKAYUKI):¥13,200 (tax in) 1338-599-2249
・シューズ(NEW BALANCE):¥31,900 (tax in) 1331-499-9200


イワシタ)春夏シーズンはジーンズなどといったカジュアルな綿素材のパンツをたくさん穿いていたので、秋冬シーズンはウールなどといった季節を感じられる素材のパンツを穿きたいという気持ちが高まっていました。
そんな私が選んだのはノープリーツのリラックステーパードパンツ。
プリーツが多いパンツが増えているなか、ノープリーツのパンツというのも新鮮に見え、色味も淡いブルーでネイビー系の色味の洋服とあわせたらカッコよさそうだなと想像を膨らませておりました。
あわせたのはDistrict定番のタキシードクロスを用いた6つ釦のダブルジャケット。シャツはピッチ幅がランダムになっているラウンドカラーのシャツをあわせましたが、これだけだと使っている色味が少なく寂しかったので、スティーブンウォルターズのネクタイで色を足して、イワシタタイドアップスタイルの完成です。
夏は暑くてタイドアップをする頻度が少なかったので、秋冬はたくさんタイドアップをしたいと思います。レッツタイドアップ!

・ジャケット(District):¥96,800 (tax in) 1122-299-5733
・シャツ(District):¥20,900 (tax in) 1111-265-3148
・タイ(STEPHEN WALTERS):¥18,700 (tax in) 1334-343-0312
・パンツ(District):¥25,300 (tax in)  1114-217-8000
・シューズ(CHEANEY):¥80,300 (tax in) 1331-499-7781


モリヤマ)コーデュロイ好きです。実は小学生時代に大のお気に入りだったのもエルボーパッチ付きのコーデュロイジャケット……。成長と共に小さくなってもなかなか手放せませんでした。今だったら硬かったり重かったりするのはちょっと疲れますね。Districtで今季企画したのがポリエステルコーデュロイを使ったバンドカラーのシャツジャケット。あえてシャツ工場をつかって着心地の軽さを出しています。オレンジ寄りのブラウン(正反対の硬さですがブラウンダックのあの色)ですがアース系のトーンなので、わたしのような茶色キャラにはむしろあわせやすい色目です。ポリエステル特有のテロッとした質感も楽しめます。柄に入ったオレンジをひろってチェックの2プリーツでコーディネート。インナーにはバンドカラーで襟元寂しいので、タートルをあわせればいつものベージュなオジサンができあがります。

・カバーオール(District):¥19,800 (tax in) 1111-299-3084
・ニット(JOHN SMEDLEY):¥35,200 (tax in) 1113-499-4719
・パンツ(District):¥27,500 (tax in) 1114-217-7966
・シューズ(CHEANEY):¥81,400 (tax in) 1331-499-8625


コバヤシ)もともとジャケットやスーツが好きですが、今シーズンはよりその気分が高まっております。しかも昔から「あーあるある!」というクラシックな柄。自分が年齢を重ねても似合う、いや年齢を重ねた方がより似合う柄。ということで選んだのが、今回のハウンドトゥース。そこにネクタイ・革靴でタイドアップを楽しむのもありですが、こういう柄って、そう言う着方しか無いと思われるととても残念。インナーをニット・スウェットに変えても「おっ。これも良いじゃん」と思ってもらえるはずです。ですので、インナーにはtsuki.sのキモウクルーネックで色をまとめつつ、VANSのレオパードできれいにまとまり過ぎないように(※もちろんきれいにまとめるのもありありです)してみました。

・ジャケット(District):¥66,000 (tax in) 1121-259-2700
・パンツ(District):¥31,900 (tax in) 1121-259-2701
・スウェット(tsuki.s):¥24,200 (tax in) 1112-599-2346
・シューズ(VANS):¥9,350 (tax in) 1331-499-9104


ハマモト)個人的な色の好みもあって、黒やグレーのものをついつい選びがちですが、自分らしさは大事にしつつも、せっかく洋服を楽しく着る事を提案する仕事なので自分自身でも新たなチャレンジをしていきたいものです。自分のワードローブのなかでも極端に少ないのがベージュ。土っぽさを感じる黄色みがかったベージュがあまり得意ではありませんでしたが、そんな私にもチャレンジしたい気持ちにさせてくれたのが、フランネルのファティーグタイプブルゾンです。グレージュのような柔らかい色目は、今までの苦手なイメージをきれいに払拭してくれました。グレーにもベージュにも転べるため、単品での汎用性も高い便利アイテムです。きっとパンツもあったら便利だろうなという発想と、チノパンの代わりに冬場に穿いてもらいたいという思いから、ボリュームのあるシルエットのNOP11も共生地でご用意しております。お客様には単品ベースでおすすめする機会が多いと思いますが、せっかく洋服を楽しく着る事を提案する仕事なので、上下で着ることにしました。パープルのウールテンジクのカットソーにVANSのレオパード柄のオーセンティックで色の雰囲気を損なわないよう楽しんでコーディネートしてみたいと思います!

・ブルゾン(District):¥41,800 (tax in) 1111-299-3123
・カットソー(Tsuki.s):¥20,900 (tax in) 1112-599-2349
・パンツ(District):¥30,800 (tax in) 1114-299-7977
・シューズ(VANS):¥9,350 (tax in) 1331-499-9104


ナガクラ)TWEEDやFLANNELに並び、秋冬生地の定番ともいえるHOMESPUN。Districtでも久しぶりの展開となります。今シーズンの生地は赤や青のネップがなくモノトーン配色なのも非常に好みで、 入荷を心待ちにしていました! ただTWEEDやHOMESPUNはコーディネートによっては野暮ったく見えてしまうので、素材や色に気を付けました。羽織ったのは見るからに柔らかいFLANNEL素材を用いたグレーのハーフコート。ラグランスリーブ・ポケット位置・ネックポイントからして軽快な印象です! HOMESPUNのグレーを拾い、柔和な雰囲気に。となると足元はPARABOOTのミカエルミンク(※履いているものは私物ですがDistrict別注が11月発売予定)。タフに履ける靴ですが、ミンクヘアーで可愛らしさもあるのでトップスとのバランスもいいと思います。ここまではパンツの色を拾いながらグレーのグラデーションできましたが、鮮やかな色を着たい願望もあるので発色の良いDenis Colombのマフラーを巻きました。懐の広いグレーだから唐突にビビッドな色をさしても……なんだかいい。

・コート(District):¥68,200 (tax in) 1125-299-8014
・パンツ(District):¥28,600 (tax in) 1114-217-8016
・マフラー(Denis Colomb):¥55,000 (tax in) 1336-343-3803


ヨシワラ)少し肌寒く感じてくると、どうしてもグレーフランネルのパンツが気になり、欲しくなってきますね? 高校1年生の時に初めてフランネル・ノープリーツ・ダブル4.5cmを履いてから今まで好きな素材です。  今年はワイドパンツな気分でコーディネートしました。 あわせるトップスは軽めの、ウール素材・カーディガンジャケットで、オリーブグリーンをあわせました! インナーも軽めのTシャツですが、Vゾーンにオンポイント挿したかったので文字が入っているモノを選びました。 足元には、カンフーシューズがミスマッチ感が出て気に入っています。 真冬になると頭も寒いので、ウール素材のベレーで楽しもうと思っています。微妙に色合わせも楽しみました。

・カーディガン(District):¥25.300_ (tax in) 1112-299-2384
・Tシャツ(District):¥13.200_ (tax in) 1169-499-6639
・パンツ(District):¥30,800_ (tax in) 1114-299-7989
・シューズ(District):¥18.700_ (tax in) 1369-599-0610
・ベレー(kijima takayuki):¥13.200_ (tax in) 1338-599-2249


イイジマ)昔から古き良きアイテムや、トラッドなアイテムが大好物です。それをそのまま着るのももちろん良いのですが、そこにクリエイティヴィティを感じるアイテムやブランドをさり気無く取り入れるのが好みです。どこのブランドを着ているか、人にバレないように着るのがミッションだったりします。
今回着用したファティーグタイプのブルゾンは、本来コットン100%のリップストップ素材のところをフランネル素材にしており、これからの時期に便利な、今季一押しのブルゾンです。色がベージュとグレーの間のような色なので、トップスと小物はグレー~ベージュの色でまとめました。
グレーとベージュとこの表情だと全体的にボヤけてしまうので、パンツと靴は黒でまとめて引き締めています。ワイドパンツ+ブーツは今年着たいと思っていた組み合わせ。ストライプのパンツは春夏に続き、秋冬も重宝します。ついつい無地の服が多くなってしまう方にはまずこのパンツをオススメします。
中に着たのは、今季MAISON MARGIELAでも人気のVネックのニットベスト。サイドオープンになっており、アウターの上からでも着用が可能ですか、シャツの上に普通に着ることで、トレンド感が抑えられ、着られている感も無くなりました。
たっぷりとした身頃とベージュストライプが特徴のDRIES VAN NOTENのアスコットシャツは存在感のある一着ですが、ベストを着ることで、主張を抑えてくれました。ゆったりとしたシャツの上に着られるベストは探すと意外と見つからないので、このサイドオープンのベストがベストだったのです。
何を着るかではなく、どう着るか。自分に合ったスタイリングで、何処に行くかを考えるのが楽しいですね。こんな装いで長距離列車に乗って缶ビールが飲みたい。

・ブルゾン(District):¥41,800 (tax in) 1111-299-3123
・ニットベスト(MAISON MARGIELA):¥84,700 (tax in) 1351-499-0394
・シャツ(DRIES VAN NOTEN):¥78,100 (tax in) 1157-343-1229
・パンツ(District):¥27,500 (tax in) 1114-217-7906
・キャスケット(kijima takayuki)14,300 (tax in) 1338-599-2244
・シューズ(F.LLI GIACOMETTI):¥129,800 (tax in) 1331-499-9107
・バッグ(BEAUDESSIN):¥41,800 (tax in) 1332-699-6703


クリノ)クリノです。寒くなるのが早かったような今秋、着たいものを着られる楽しさいっぱいですが、なかでもスーツやジャケットのスタイルに気持ちが向かっています。手持ちのCarusoやScyeやkolorと並んで、頻繁に登場するのがDistrictオリジナルのセットアップ。これを着て世界を旅するわけです。中にはシャンブレーのシャツを着て大好きなスティーヴン・ウォルタースのチェックタイ。靴はジャコメッティのブローグでキマリ。

・ジャケット(District):¥52,800 (tax in) 1121-299-2771
・パンツ(District):¥30,800 (tax in) 1114-299-7989