UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

District Report | District 通信

2019FW - District de EN ROUTE

過去にはブランドのローンチイベントをDistrictで開催したり、その後も継続して取り扱いがあり、District別注なんてスペシャル企画もあるEN ROUTE。この冬DistrictスタッフのオススメEN ROUTEアイテムをご紹介します。

モリヤマ)個人的に寒がりナンバーワンを自認するわたしは、年間でダウンにお世話になる期間が最も長い人(2/3くらいは着ている)。毎年ついつい買足してしまうのが、アウターやジャケットの中にも着こめるインナーダウン。特にEN ROUTEのものはちまたのアウトドアブランドから出ているものと違い、シャイニーな素材ではないのが気に入っているポイント。寒さ対策だけでなくコーディネートのうえでも他のお洋服となじみやすいので、これが意外に重要だったりします。
形はシンプルなノーカラーの隠しスナップボタン。ダウンらしさを強調するシームも今年は省略されてより一層ミニマルな表情になっています。個人的に大好きなグレージュカラーは、以前からずっとあったらいいのにとおもっていた色。アースカラーのダウンって以前は当たり前だったのに、めっきり目にしなくなって寂しかったんですよね。わたしの冬の定番です。

・ダウンジャケット(EN ROUTE):¥20,000 + tax


イワシタ)今年の秋冬は気張らずに着られる様な抜け感のあるセットアップで過ごしたい気分です。となるとどんなセットアップだろう? と考えた時思い浮かんだのがEN ROUTEのウールのセットアップ。ジャケットはノーカラー。パンツは裾ダブル仕上げのやや太めのパンツ。ジャケットは一見普通に見えますが、後ろ身頃の縫い線がインサイドアウトデザインになっており、ナイロンのパイピングが施されていて、かつフロントは一つ釦で比翼仕立て。この感じにタートルネックなんかを合わせて、足元はNB990を履きたいですね。なにか探してはいるものの、特にアイテムは決まっていない時ってありますよね。そんな時はEN ROUTEを見てみてください。その〝なにか〟に当てはまるようなアイテムが見つかるEN ROUTE。最高です。

・ジャケット(EN ROUTE):¥36,000 + tax
・パンツ(EN ROUTE):¥15,000 + tax


ハマモト)2000年代前半頃にDistrictでもジャケットの上にTHE NORTH FACEやPATAGONIAなどのダウンベストを重ねるスタイルが流行っていました。当時はみんな細身のモデルをジャストサイズで着ていましたが、今の時代や着こなしのイメージとなかなかマッチせず、登場機会が減っておりました。昨年久々にダウンベストを着たい衝動に駆られ、イメージを伝えてEN ROUTEチームが作ったのが別注のダウンベストでした。ジャケットやライダースの上などにも着られる少し余裕を持たせたサイズ感で、着丈もテーラードジャケットの上に羽織っても違和感の無いよう少し長めに。素材やディティールも含めてアウトドアっぽくなりすぎないクリーンな仕上がりなりました。今シーズンは、デザインはそのままにリップストップ素材で再登場! 「昨年はオリーブを買ったので、今年はグレーかな!?」と自然に考えさせられるぐらい適度な変化もついて、良い塩梅に仕上がりました。昨年買い逃した方もすでにお持ちの方も一見の価値ありです。

・ダウンベスト(EN ROUTE):¥32,000 + tax
・シャツ(EN ROUTE):¥16,000 + tax


イイジマ)EN ROUTEといえばパンツ! というくらいに個人的にも購入する機会が多いので、私のおススメはパンツです。特に、昨年購入して大活躍だったメルトンパンツは今年も楽しみにしていました。インラインでも展開していますが、この記事を見ている皆様にはDistrict別注のアジャストメルトンパンツがおススメです! デザイナーズブランドにも負けないデザイン性、冬でも暖かいソフトメルトンの生地はこれから寒くなるのが楽しみになりそうです。いつものテーパード型よりも全体的に太いのですが、裾のストラップで絞りを強くできるので、スタイリングに合わせて変化が付けられるのも良いんです。これにNew Balanceやパラブーツを合わせて、今年の冬を迎えたいと思います!

・パンツ(EN ROUTE):¥21,000 + tax


クズヌキ)EN ROUTE初期からの名作といえばチャイナジャケットが真っ先に頭に浮かびます。絶妙にゆったりしたシルエットとシワっぽいナイロン素材使いの組み合わせがDistrictメンバーにも大ウケで、皆お揃いで着ていたのも懐かしい思い出。その後も素材を変えていろいろと登場しましたが、今年ついに登場したのがレザー素材のチャイナジャケット! EN ROUTEはダブルのレザーも軽やかに作ってしまうほどセンスがいいので、絶対レザーチャイナも格好いいのができると期待していました。今までは一枚で軽いものが多かったですが、今回は表地を柔らかいラムレザーに裏地はキルティングを入れることでアウターらしい顔に仕上がっています。もちろん絶妙なゆったりシルエットはそのままで、インナーに厚手のニットやパーカーも着用可能なのも良いですね。まだまだ進化を続けるEN ROUTE、引続き目が離せません!

・レザージャケット(EN ROUTE):¥59,000 + tax


ヨシワラ)EN ROUTE 実は、ベンチコートを別注で作って欲しいと言う思いがあり、Sさんには私物の直球ベンチコートの画像を送っていました! Sさん曰く、そんな感じのコートを作る予定です! ⇒がコレでした。自分のイメージとは違い、表地・裏地・中綿全てポリエステルですが、表地もウールギャバの様な風合いに仕上がっていて、シックな雰囲気を出しています。フードもコンパクトな仕上がりなのと、全体に中綿が入っているので、暖かさは確実! 自分のイメージはもっとカジュアル素材で考えていたので、商品を見た時、驚きました。 コートとしては、お手頃な価格帯に設定されているので、今期コート購入を考えているのであれば、ぜひ見に来てほしい!

・ダウンジャケット(EN ROUTE):¥45,000 + tax


コバヤシ)Districtのなかでもベーシックなアイテムが好きなもので、ニットやコートも定番と言われるアイテムに惹かれますが、そのなかでも持っていないのがトレンチコート。エポーレットやウエストのベルトとDリング、ガンフラップ等、いろいろ付いているのが少し苦手で今まで手を出してこなかったのですが、今回EN ROUTEが提案するトレンチは、私の大好きなステンカラーコートとトレンチのを組み合わせたようなシンプルさについ「おっ!」と興味津々。また表はコットン/ナイロンの生地で少しシワ感が入っているのに対し、後ろは別色別生地でコンビになっているところも遊びが効いていておすすめのポイントです。クラシックなアイテムをEN ROUTEなりに解釈したトレンチは、真面目にも遊びにもどちらも使えますよ。軽さがポイントの見た目ですが裏地も付いているので、これからの寒い季節にも対応しており、コートは一通り持っているという方にも新鮮に映るEN ROUTE流トレンチを、ぜひお試しください!

・コート(EN ROUTE):¥46,000 + tax