UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Information

Districtからのお知らせ

KIJIMA TAKAYUKI

秋冬立ち上がりの残暑厳しい時期から、あっという間に姿を消したハット。特にこのシーズンは、スタイリングに欠かせないアイテムとしてお探しの方をお見かけします。

KIJIMA TAKAYUKI(以下K/T)からラビットファーを用い、通常デザインのポイントになるリボンを取り除いたシンプルかつ、やや大きめのブリム(ツバ)を持つハットが再入荷してまいりました。テイストを限定しないプレーンな印象は、色んなスタイルにプラスできそうな便利な顔です。

もともと甲冑や頭部を護るものという起源を持つハット。ホストの事を信頼するという意も込めて、屋内ではとるのがマナーとされています。確かになにかのエピソードで、食事の席でハットをとるかとらないかで紳士を見分ける...なんてシーンがありました。もちろん、現代はそこまで神経質に考える必要はありませんが、取るべきところかどうか、考えるくらいのセンスはもちあわせたいですね。

そんな紳士のアイコンともいえるハットなので、個人的にカジュアルだったりリラックスした服装にハットを被るのが今までニガテでした。そんな印象をくつがえしてくれたのがK/Tのハット。ハンドメイドの昔ながらの熱成型なので、つぶしても形も戻り自分なりのシェイプをアレンジできます。わざとクシャっとさせてハズしたり、というヌケまで演出できちゃうわけです。ちょっと緩めで高さのあるクラウンも、脱いだ後にさほどつぶれた髪型を気にしなくても...。

なんだか付き合い方がとってもカジュアルでハットのハードルを下げてくれたのです。よく自分が見慣れるか否かが似合うポイントといいますが、いろんなスタイルにプラスしてハットを被った自分に見慣れるといいですね。

今回の追加入荷はオリーブ、キャメル、ブラックの3色。少量ですが普段は買い付けないサイズ1(S)もご用意しました。この機会に、ぜひお試しください。


モリヤマ

PRICE:¥23,760(税込)
※ 価格は、8%税込みです。

Archives

MORE