UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Information

Districtからのお知らせ

おとこはだまってウィングティップ

子供の頃、皆さんは'自動車'と聞いてどんなカタチを思い浮かべました?僕は、四角い積み木の大小を積み重ねたような、角ばったカタチで、4つドアがついている、所謂セダン型のことを思いました。ですから、絵に描くときも、自動車というと、ああいうカタチを描きました。今でもそうです。自動車らしい自動車、ということ。

同様に、靴というとウィングティップ、別名ブローグを思い浮かべました。なぜだか知らないけれど、子供の頃から僕にとっての靴、最も男性靴らしい靴はウィングティップ型でした。何かの映画か絵画、あるいは漫画の影響でしょうか...。

僕が子供の頃の漫画に描かれた主人公の男子たちはなかなかお洒落で、ビリーパックや正太郎君(鉄人28号ですね)は、それぞれチェックのハンチングやジャケットを着こなしていた記憶があります。で、多分、靴はウィングティップ(のようなもの)だったのではないでしょうか?

もちろん、今ほどディテール・コンシャスな時代ではなかったし、画風・芸風もシンプルで丸っこい絵柄でしたから、どんな靴もそう見えたのかも知れません。そんなわけで、僕にとってウィングティップこそは、正統派男子靴の極め付けです。

今でも覚えているのは、25、26歳くらいの頃働いていたお店で、初めて店長になり、徐々に仕入れもやらせていただいていた頃、少ない給料から大枚をはたいて購入したのが、チャーチのウィングティップでした。でも、カーフ素材のもの(チェットウィンドという品名)ではなく(それは後日)、初ウィングチップはバックというスウェードのものです。その名の通り、鹿革の美しい風合いの靴で、チャーチの中で歴史に残る傑作定番の1つです。それを、とても、とても大切に履いていました。もちろん、30年経った今でも持っていますし、たまに履いています。

さて、今回ご紹介するのは、ALDEN。実は今シーズン、ALDENではウィングティップを3種類発注しました。ALDEN製ということは、チャーチの味とはまた違う、いい意味でのダサダサ風味のもの(!)ということです。まるっこくて、ゴツく、男らしい。

自分の中(そしてお洒落好きな方の中)のクラシック再訪、再評価の中で、ウィングティップのようなド定番のものが、今一番新鮮に、そして最もお洒落に見えます。何度も申し上げますが、トム・ブラウンのおかげで、世界的なトラディショナル・スタイル再評価の波が来たのです。きちんとスーツやジャケットを着、シャツにネクタイをする。アメリカン・スタイル、ブリティッシュ・スタイル、イタリアン・スタイルetc...と、限定するのではなく、今はクラシックでトラディショナルで基本的な原点スタイルこそが、一番したいお洒落です。少なくとも僕には。

そして、その決めテにはウィングティップが欠かせないでしょう。僕も必ずどれか(あるいは複数...?)今回のALDENを購入します。今回の発注は、モディファイド・ラストのカーフ革2型とバリー・ラストの型押し革1型。お選びになる型は、皆さんのお好みにお任せしますが、今回、全て茶系です。全て。

そう言えば、非常に良かったJUNYA WATANABEのショウの靴もほとんどが茶系でしたね。デニムのパンツにもグレイのスーツにも、カーキのチノパンツにも合うのが茶系のウィングティップ。

さあ、どれにします?楽しく迷ってくださいね...。全型いきます?さすが男子ッ!ご来店をお待ちしております。

クリノ

PRICE:¥76,650(税込)

Archives

MORE