UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

ARIGATO! Susan Bijl New Shopping Bag"District SPECIAL" 2021

posted by モリヤマ

個人的なお気に入りからお取り扱いする事になったスーザン・ベル。

2000年代に日本国内でも大ヒットしておおきなチェーン雑貨店などでも目にするほど一度は浸透したスーザン。

その当時、わたしも夫婦で購入して気に入っていたころ、スーザン本人もDistrictに来店してくれて(取引なども無かったのでほんとに偶然)、個人的に愛用していることをいいことに声を掛けて名刺交換もしたことがあります。金髪の物静かなお洒落な女性がスーザンを持っているのが嬉しくて誰とは知らずに声を掛けたら、デザイナー本人だったという...。

残念ながら日本国内ではあまりのヒットの反動から2010年代になると取り扱っているお店も激減し、一部の通販でようやく探して購入する事しかできなくなってしまいました。

それでもリップストップの頑丈な生地、色使いのポップさ、レジ袋と同じ形状のフレキシブルさでその"名品"具合は使っている人にはしっかり浸透していたわけです。

2018年には明らかにスーザン・ベルの形状、切替デザインで見た事もない派手なパターンもの(テレビのNO SIGNALのパターンをデザインしたものでした)を持った白人男性がまたDistrictに来店され、これまた珍しい!ということでどうやったら買えるのか?と声を掛けたら今度はなんとSusanの旦那さんだった!。

オンラインストアでは販売終了したけど、オフィスにはまだいくつか在庫があるはずだから、直接メールしてみて!とここでも名刺交換⇒メールしてPayPal決済で2色無事購入したりしました。

ph-20210219155608-b1a75d3cb3.jpg

そこからはトントンとDistrictでも取り扱った方が良いんじゃないかと話が進み、初めてお取引を開始、今に至ります。

その間にはSusanも来日してくれて20年振りくらいの再会をしたり、Susan Bijlの本国ホームページにわたしのインタヴュー記事を掲載してくれたりとDistrictとスーザン・ベルとの関係はより深いものになりました。

常に人気で入荷のたびにすぐに品切れ...常設で店頭に無いのは心苦しいのですが、このたびDistrictの為に特別に作って頂いた三色配色別注の新色が4バリエーション到着致しました。

今回は日本特有の四季の変化を意識して春の花をイメージしてもらっています。

ph-20210219160956-81499c2dcb.jpg

【Susan Bijl】

■Chrysanthemum (Salmon+Error+Sample)

1332-343-6599-4500

5,280_JPY(INTAX)

菊と名付けられたChrysanthemumはサーモンオレンジのハンドル、淡いグリーンのストライプに赤茶色のボトム。

ph-20210219161535-8cd6e6973f.jpg

【Susan Bijl】

■Dahlia (Idea+Pretty Pink+Pine)

1332-343-6599-8100

5,280_JPY(INTAX)

ダリアはライラックのハンドルにショッキングピンクのストライプ、ボトムは青みの強いダークグリーン。

ph-20210219161738-418c5501b4.jpg

【Susan Bijl】

■Cherry blossom (Fluo Yellow+Lavender+Try)

1332-343-6599-5500

5,280_JPY(INTAX)

チェリーブロッサムは蛍光イエローのハンドルにライラックのストライプ、ボトムはスモーキーなピンク。

ph-20210219162000-ea752773cb.jpg

【Susan Bijl】

■Lily (Greenscreen+Pale Pink+Make)

1332-343-6599-6500

5,280_JPY(INTAX)

リリーはグリーンのハンドルに淡いピンクのストライプ、ボトムが写真ではどうしても伝わらないのですが渋いオリーブグリーンです。お茶っぱの出がらしの色合いを思い出していただけると近いかと...。

どれも素敵でどれもDistrictでしか買えない配色です。

コレクターでもあるわたしは悩んだりするのも面倒なので全部買ってしまいます^^!

ph-20210219163358-b1606c0ca0.jpg

前回の別注もすぐに品切れになってしまいましたのでお早めにお求めください。

お問合せをお待ちしております。

ARIGATO! Susan!

MORIYAMA

Archives

MORE

Staff