UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

20周年対談-クリノ&モリヤマ②

posted by クリノモリヤマ

District UNITED ARROWSはキャットストリートを見下ろす2階のこの場所に開店してお陰様で9月7日に20年を迎えました。日頃ごひいきにして頂き本当にありがとうございます。

先週に引き続き当時を知るクリノ・モリヤマの対談の2回目をお届けします。

前半はこちら

ph-20200907130105-aecfdf8761.jpg

ここのお店のオープンの時はベルベストのノーパッド、サルトリオもあったしジンターラもやっていた。ほんとにクラシックで、ただクラシックなんだけどとってもミニマルだったんだよね。

モリヤマ)オールブラックでした笑

クリノ)そうそう

モリヤマ)なにかこう、作りはとてもよくて、それでもリラックスしてっていうのは当時から今までブレていない気がします。

クリノ)まったくブレていないね。

さっきCarusoを着ていてオープン当時のベルベストを思い出したよね。

モリヤマ)そうなんです!当時のベルベストの柔らかい印象と軽さといい仕立の良さといいそのままで、あの頃ベルベストが今のCarusoくらいに日本人に合うサイズ感だったら...とよく思っていました。

クリノ)ちょっと作りが大きかったんだよね。値段も今のCarusoに比べて高かったしね。

ベルベスト、サルトリオ、ジンターラ...Aldenもあったし...

モリヤマ)エドワード・グリーンもありました笑

クリノ)シャツがフライだった...だからクラシコイタリアのメーカーさんにミニマルなものを作ってもらっていたんだよね。あの当時はもちろんわたしだけでなくて鴨志田さんも携わってくれたしバイヤーのMさんも手伝ってくれたし...。のちのセブンスクラブにつながるようなトラッドなUAとクリエイティブなUAの融合だったね。

モリヤマ)そのテイストが20年守られてこれたのは良かったです。

ph-20200907130824-97da5623e5.jpg

クリノ)その後オリジナルにちゃんと落とし込むことが出来たのが良かったね。

あとは自分でいうのもなんだけど、スタッフが最高、お洒落だし人間的に豊かな人が多い。

モリヤマ)みんな楽しんでいますし...ありがたいことです。

お客様にも支えられているし、素晴らしいスタッフにも支えられました。

クリノ)あの当時、昔からのお客様からここがあれば他で買い物する必要が無くなるっておっしゃっていただけたのはとっても嬉しかったね。あと、あるファッション評論家の方にすごくいいお店。良いお店だけどデジタルをやった方がいいって言ってもらえて、それでどこよりも早くブログもやったんだよね。

あの20年前にどこもこんなに熱心にブログをやっていなかった。

モリヤマ)当時はできなかったし、理解もそんなに得られませんでした。お店に立たずにPCに向かってパチパチやっているのがみんなそこまでプライオリティ高くなかったんです。

入りづらいお店の作りのせいでなかなか認知されずに苦労した経験から実感したのは"どんなに素晴らしいものを扱っていても認知されない事には無いも同然"ということで、その感覚が浸透するまでは時間がかかりました。

クリノ)君が文章うまいというのと、吉原君が文章書いたことなんてないスタッフみんなに向けてなんでもいいから自分の好きなことを書け、だれでも好きな事なら書けるはずとみんなをチアアップしたのは大きかったね。彼はコピーライター教室にも通っていたからね昔。

ああいうところがのちのち響いているよね。

いま、彼だけわざと意図的に文体を変えて書いているでしょ。断定的な言い切りの。あれがまた響く人がいたりするわけでしょ。

モリヤマ)そうですね。むしろ若い世代にはあの文体はできない。吉原さんの芸風になっている。

クリノ)そうだね。いま芸風って言ってくれたけど、このお店のひとつの持ち味が"芸風"だね。

森山君の芸風、小林さんの芸風...プラス"ディストリクト"としての芸風があるでしょ。

よく他店のスタッフからディストリクトのお客様ってすぐわかりますよね。って言ってもらえることがあって...。身に着けているモノとか着方とか合わせ方とか。全身着ていなくてもなぜかわかるっていう。お客様にも浸透しているだろうね。

モリヤマ)わかります。嬉しいですね-。

ただそれだけに凝り固まらないようしなきゃいけないなと日頃気にしてもいます。

クリノ)言われすぎちゃうと単なるマニアのお店になっちゃうからね。

それはわたしもいいとは思わない...

モリヤマ)そうですね。あまり凝り固まらず単純に洋服って面白いんだよ、楽しいよ、素敵だよって伝えられる存在でありたいな思っています。

クリノ)最初のコンセプト、内装でしょ、早くからやったブログでしょ、あと顧客食事会とかお店でパーティとかもやっていたよね。今後どうなるか分からないけどFNOも早くから参加していたし...。

モリヤマ)お客様との交流も楽しいし、やってよかったと思います。同時にせっかくオシャレなお洋服を買っていただいているので着飾って出かける場所もまた提供したいという思いがありましたよね。

クリノ)そういう意味では"ツィード・ラン"もそうだもんね。FNOも今後コロナの問題とか解決すればああいう催しはやりたいし、やるべきだよね。

お酒とかお食事とか出せないとかいろいろ制限は増えたけど、それでもお客様は来てくださったし。来てくれると楽しんでいただけるし...。一番盛り上がった時はDJキティまできたことあったね。

モリヤマ)そうなんですよ。まぁ大混乱になったので、またぜひっていうことにはならなかったですけど。

ph-20200907134028-fbc7083269.bmp

クリノ)ほかにもオシャレな芸能人さんとかもこっそり来てくれていたよね。

一度J.T××レイクが来たんでしょ?しかもそれにあわせてCDかけてあげたっていうじゃない?

モリヤマ)あの時はちょうどアルバムリリースしたばっかりのタイミングで吉原さんがもともとCDはセットしてあったんです笑。来た来た来たっていうのでもう一度かけて。

クリノ)ちゃんと反応してくれたんだってね。指で踊っていたって聞いたよ。

あと、覚えている人だとお取引先、お取引先ではないけどってデザイナーさんもたくさん来てくれていたし。ウォルターやラフ、ケイシ―もだし、D・B××バーグさんもきたでしょ?

モリヤマ)わたしが毎回対応していましたけどJ.S.さんは来日するたびよく買い物して頂きました。U社と一緒にお仕事するってタイミングでしたけど。

クリノ)そうだったねー。

モリヤマ)スタイリストさんみたいにラックに何着も試着したいって服を持って行って一気にお買い物されていました。ご自身がメンズのテーラードがお好きで、ただ小柄なしかも女性が着れるサイズなんてヨーロッパには売っていないので日本のサイズはとても自分に合うって喜んでいただきました。

クリノ)ほんとにね。スコット・シューマンがよく被写体にえらぶアンナも"こういう服がないのよ"って必ず買い物していってくれたね。

ほんとにプロの人にもよく来ていただいたお店だね。

モリヤマ)それはもう国内海外問わず...

クリノ)そうだね。僕らは知らないけど実はプロの凄い人っていうともっとたくさんになるだろうしね。

ph-20200907131204-72f8394dd5.jpg

モリヤマ)やっぱり何をっていうわけではないですけど、着方とかあわせかたとかその着こなしを通じて私たちもたくさんのことをお客様に教えていただきましたね。

クリノ)例えばさ、この人凄いな!って印象に残った人とかいる?

モリヤマ)おしゃれとかカッコいいとか通り越して執念として凄いなと思ったのは竹内さんですね。ドリスのゴールドのジャケットを買っていただいたんですけどパンツのサイズがウエスト入りませんでしたっていう

クリノ)ニコイチにしたって人だ!

モリヤマ)それも自分のサイズは国内に入っていなくて2本パンツを買ってニコイチに大きく作っちゃったっていう。

クリノ)カザールの人だね。

いまでもやってらっしゃるの?

モリヤマ)ご実家の木材店をお継ぎになられて、ご自身のセンスと伝統工芸をミックスしたWEB雑貨屋さんもやってらっしゃいます。数年前にも原宿の束矢商店に出店していただいたりしています。

クリノ)そうなんだー。

ソレ級のどうしても着たいんだって方はたしかにいるもんね。

モリヤマ)聞くだけの情報だとたしかにニコイチになるかもしれないって思いますけど、実際はウエストベルトから何から関係なしに両脇で切り開いて、そこに犠牲になったパンツの股下の部分を側章みたいにパネルにして(長さも足りないので何度か継ぎ足し)脇で大きく継ぎ足しているっていう...。

クリノ)そうなのか!ちゃんとしたお直しとか仕立てのテクを駆使してってわけではないんだね!

モリヤマ)全部分解してちゃんとパンツの形をしているっていうわけでなく。ほんとに"パンク"でした(笑)

クリノ)いやー、それはスゴイね!

その意気込みっていうのは尊敬に値するし、そこまで自分たちも好きでいたいね!

モリヤマ)その執念というか情熱というか

クリノ)お客様のOさんみたいにPLUSを洗濯機で洗っちゃって縮める人とかね。

そういう洋服好き過ぎて凄い人列伝みたいなのはみんな知らないと思うから紹介したいね。

ph-20200907185419-8b8c7ba1de.bmpクリノ)昔で言うとH社とAR社とバルバスとわたしがいた当時のビームスでしか買い物しないって人で、のちにH社とUAとクロームハーツでしか買い物しないって人いたりね。

モリヤマ)開店したころですけど、T.G.さんにベルベストを買っていただいたことがあって。スーツを買ってすぐ洗っちゃうっていうのは知っていたんですけど、切羽なんていらないやって袖口ひらひらさせたまま着ていらっしゃったのがとってもかっこよくて。

クリノ)そうだった。わたしもしばらく切羽なしで着ていたことあった。

モリヤマ)みんな真似したくなってしまう程かっこよかったです。

クリノ)卒中で倒れられたんだけど、とにかく洋服が着たいって執念でリハビリして復活したっていう、とにかくすごい人。

人間のエネルギーのうちやっぱり根源的なエロとかおいしいもの食べたいとか、洋服着たいとかそういう原動力って大切ですよ。

モリヤマ)似たところはみんなありますね。とにかくすぐ着たいからパンツの裾をその場で切っちゃったりとか(笑)...

クリノ)君もしてるじゃん(笑)

それがまたモリヤマさんの芸風になっているわけじゃない。本人的には今すぐ着たいだけだったものがスタイルになってしまうんだから。気持ちいいよね。

モリヤマ)有りがたいことに真似してくださる方が居たり...。

クリノ)それは真似したくなっちゃうし、うれしいことだよね。

モリヤマファンという方は多いですよね。

モリヤマ)今後もそういう現象がこの店を中心に起こっていくとおもしろいなと思いますね。

クリノ)ディストリクトのスタッフや卒業生、顧客さまってそういう病(いい意味で)っぽい人多いですよね。あちこちでそれを振りまいてもらってる。

モリヤマ)そういう中心的存在ではありたいですね。

クリノ)そうだね。一方でディストリクトについてこの手の話をしていて世の中から勘違いされたくないなっていつも思うのは"オタクではない"ってことなんだよね。

そうではなくてここの人たちは"ヒト"が好きなんだよね。もちろん服も好きだし洋服やディテールに関する知識や愛情もあるんだけども。とはいえ"ヒト"好きのカタマリなんだと思う。

だからキャリア関係なく若い岩下くんとか長倉さんとかでも目指してきてくれるお客様が居てくれたり、すごく大人なお客様とお話しできたりしているわけじゃない?あれってやっぱりこのお店のDNAなんだなって思うね。やれっていわれてやっているのではない...。

モリヤマ)そうですね。そういうヒト好きでいろんなムーブメントおこせるお店なのかなとおもいますし、今後もそうありたいと思いますね。

クリノ)きっとそうだと思いますよ。

ph-20200907132451-4509974f17.jpg

Archives

MORE

Staff