UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

BATONER KNIT POLO

posted by モリヤマ

ポロシャツ、特に長袖を見つけるとどうしても欲しくなるモリヤマです。

布帛のシャツとちがってカットソーのイージーさ、かぶりでスポッと着れる楽チンさ、そしてTシャツ一枚とは違ったちょっとだけちゃんとした感が好き。

どうでも良い話ですが「ブレードランナー」(1982)でデッカードがチンタオ飲みだす前に顔を洗うのにシャツを無造作にあたまからずぼっと引き抜いて脱ぐ姿を見て以来、シャツも釦を全部開けずかぶりで脱ぎ着するようになってしまいました。

で、ポロシャツに話を戻すと子供時代はタツノオトシゴの刺繍の入ったポロシャツを良く着ていました(着せられていた?)。なかでもマルチボーダーの薄手テンジクのものがお気に入り。

首がぴょこっと長いのが目立つ気がしてそのころからTシャツより襟の付いたポロシャツが好きで、その後大きくなってワニの刺繍になりウマの刺繍になり(この辺で90年代)、

同時に某有名英国ニットブランドのハイゲージニットポロに出会います...これもよく着ましたし、いまだにわたしの定番です。

そして今回ご紹介するのが奥山メリヤスさま謹製のニットポロです。

ph-20200804153929-e5ec107859.jpg

ph-20200804153952-799386ee89.jpg

【BATONER】

■LONG SLEEVE KNIT POLO

BEIGE,NAVY

SIZE:1,2,3

1112-599-2273

28,000JPY(+TAX)

個人的にニットポロのこだわりポイント

・ボタンを全て閉めるとTシャツ(下着)がのぞかないくらい首は詰まっていること

・襟腰がしっかりあってジャケットを上から羽織ってもラペルの下に襟がもぐってしまわないこと

・減らし目処理の美しい襟があればすべて許せるような気になる

・ボタンは2つでも4つでもダメ、ぜったい3つ(笑

・かがんでも背中がめくれない程度に丈はながく、そしてふんわりブラウジングすること=裾リブなしはダメ

・同様に手を伸ばしても十分なゆとりのある袖丈、かつ手を下ろしても落ちてこないように袖口リブも必要

...なんてところを気にします。

もちろんこのBATONERのニットポロはすべて合格

...な上にウール100%という表記を疑うようなサラッとクールな肌触りで夏でも寒がりのわたしはいまからでも重宝しそう。

ph-20200804155221-a2c13d37f7.jpg

たとえが的確ではないと思いますが、夏場涼しくて大活躍のHANDROOMのポリT、あれの質感をそのまま細い糸のウールにした感じ(ということはハイツイストということかな)

わたしがサイズ1を着てまさに前述の条件ぴったりの見え方になりました。

ナマケモノながらちゃんとして見えたいというメンタルは、かぎりなく"ローファー"というアイテムと共通の"ニットポロ(長袖)"。

毎年あちこちのお店で出会いを探していますが、ことしはむこうからやってきてくれました。

ph-20200804155839-01bba1b979.jpg

昨日着てたコーディネートと何が違うんだって?

気分がいいからそんなことはまったく気にしません。

Archives

MORE

Staff