UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

Caruso オーダー会、クリノがお勧めする理由

posted by クリノ

Districtのお客様そしてCarusoファンの皆様、こんにちはクリノです。ついに始まりましたCaruso Days!

店舗のスタッフからもお知らせさせて頂いておりますが11月15日から24日までの期間、ディストリクトではCarusoのボディとトラウザース、ボタンと裏地のサンプル、そして何と言ってもシーズンを越えてヴァリエーション豊かに揃えた生地見本を揃えて皆様をお待ちしております。

生地見本は薄手から厚手まで、無地から柄物まで幅広く準備させて頂きました。また今回は1着や2着しか製作できない生地も有ります。昨年2月にパルマ州ソラニアのCarusoのファクトリーを訪問した際にファクトリーの一角に置かれている生地を発見しました。過去に使用した残りであったり、未使用だったりした素材です。

ph-20191118103925-f26a1e00ae.jpg

今回のオーダー会にはそれらの生地も持ち込みました。これは、既にCarusoをお召しで何着かお持ちのお客様に既存の買い付けや品揃えではご対応しきれない部分をカヴァーする...という意図もあります。勿論My First Carusoのお客様にも的確にお選び頂くお手伝いを、自分自身Caruso愛用者のスタッフ達がアドヴァイスさせて頂きます。

僕は自分自身Carusoファンであると同時に買い付けやディレクションにも関わっている立場から次の様に考えました。

'シーズンの買い付けは半年後の時代潮流やマインドを反映したものになるが、それ以外に時代に関係無く欲しい柄や素材が必ず出てくる'或いは'春・夏には清涼感のある素材、秋・冬には暖かめの素材が必要だが、それ以外のものが欲しい服好きな人が必ず居る'これが、今回の素材集めの背景です。

例えば僕は15日にお店を見に行って2つの素材を選びました。

1.いつかは欲しいと思っていたタイプの柄物(秋・冬)。

2.最近、あまり見かけ無いタイプの素材(3シーズン)。

それらは来秋・冬の買い付けでは選ばない可能性が高い種類の素材でした。今回のオーダー会分の予定納期である2020年3月頃に丁度着られそうな薄い生地と2020年秋・冬以降に着たい中肉の生地の2種です。

そして今回は2素材ともスーツ仕様で依頼し、上下揃えても、バラしても着られる様にと考えました。良いジャケットに出会うと、後から'スーツでも良かったな'と思うことが多いからです。

Carusoのクロージングの柔らかさ、軽さは、多様な着方、合わせ方を可能にします。

ph-20191118104031-f24893bc03.jpgph-20191118104612-f619cf5356.jpg

例えばCarusoのジャケットにはコム デ ギャルソン オム プリュスのワイド・シルエットやカラーの裾テーパードのパンツ、Hand Roomのストレートなデニム・ジーンズやサイのチノパンツ、ディストリクト・オリジナルの2PLやノー・プリーツが自然に合ってしまいます。

以上の様に'シーズンレス''タイムレス'な発想も今回のオーダー会の背景にあります。

ph-20191118131504-e0d1cb75e8.jpgph-20191118131522-510a398df5.jpg

11月になってスーツばかり着ているクリノ。周りにも、'今スーツが新鮮ですね'派が増殖中。そんな時代の気分にも合致したCarusoのクロージング、是非店頭でご覧下さい。

2019年、秋。栗野宏文。

Archives

MORE

Staff