UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

"1000点満点で990点" 頭いいな!

posted by ヨシワラ

1976

アメリカで権威のあるランニング専門誌「ランナーズワールド」(runners world)の

トレーニングシューズ部門で1位に獲得。

これが最初にニューバランスと言うランニングシューズを知るきっかけとなりました。

当時13歳の記憶だが "POPEYE" "MADE in USA" どちらかの誌面でだった。

1982年

「990」誕生

100ドル(当時1ドル=280)と言う当時のスニーカーとしては高価な価格設定!

その理由は、自信の賜物なのか?過信なのか?

「M.C.D(踵部安定板)」を搭載する事で話題性獲得、価格に見合う確かなフィッティングでアメリカでは人気を獲得した。

1986年頃に

「1300」誕生

既にセレクトショップの販売員だった時代に"ラルフローレン"氏が、1300を履いていると言う情報を聞き入れ、ほぼ全スタッフが購入する?

自分も初めてニューバランスと言うシューズをリスペクトした瞬間!

グレー配色のスニーカーが流行るはずもない時代に、私はまんまと罠にはまった!

この後に、先に登場していた「990」の存在を知る。

当時の印象は、薄く全ての人気を「1300」に持っていかれた感強く、自分は興味が全く無かったのが本音だ!

2代目「990(990V2)」2009年

「後足部」にビジブル仕様となった「ABZORB(アブゾーブ)」を搭載し格段にアップデートが施された。

 ソールが分厚い形状に変化した。

 当時は「1500」に賛否両論あり、私は特にこのモデルがお気に入りでしたので、興味が全く無かったのが本音だ!

「993」も同時期に誕生

 2009年にリリースされた「ABZORB DTS(アブゾーブDTS)」を搭載する事で卓越した「クッショニング性」を提供し、高い評価を得た。 

 このモデルは1足購入した記憶がある。

 確かグレー×ネイビーを今も持っている。

「990(990V3)」

 2012年に3代目がベールを脱ぐ。

 UA原宿本店メンズ館B1FSONSに異動し、ニューバランス履かない時代に突入する。 

 オリジナルカラーが、"生誕30周年"を記念し「世界990足限定」にて完全復刻を遂げ話題を集めた。

「990(990V4)」

 2016年誕生

 2017年9月 District に出戻り!

 久々に店頭に戻り、ニューバランス再リスペクト!

 2018年2月「990(990V4)」ブラック購入!

 

 2018年3月 今回のご紹介!

 シンプルな「ライトグレー」をベースに「ホワイト」を細部に配し、「アッパー」

 マテリアルには「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の「ピッグスキンスウェード」と「パンチングスウェード」を使用している。

 「new balance」が伝統的に使用して来た「リフレクター(反射材)」も顕在!」

 「ミッドソール」は、「耐久性」や「クッショニング性」を誇る「ACTIVA LITE(アクティバライト)」を使用。

 「ENCAP(エンキャップ)」構造を搭載しながら「耐摩耗性」に優れた「N durance(エヌデュランス)」を採用した

 「アウトソール」には、BAREFOOT TRAINING(ベアフットトレーニング)に適したトレーニングシューズとして開発された

 「NB MINIMUS(ニューバランスミニマス)」で実績を重ねる。

 「柔軟性」に優れ、無駄な要素を削ぎ落とした「アウトソール」構造を採用。

 「インソール(中敷き)」には「クッショニング性」を向上させる「EVA(エチレンビニルアセテート)」を搭載した「カップインソール」を使用。

 スペック大好き男子にとっては最高のウンチクてんこ盛りだ!

 注目ポイント!

 このソールの配色に注目して欲しい!

 どの素材も統一感を持たせる為に色合せを施している。(並みの技術ではない!)

 *最初に別注した"1500UA"のホワイトはこんな感じだったのを思い出した!

  買わずに我慢出来るか?

ph-20180308174233-8f6eb1100e.jpg

 もう1型

 新たなスタンダードモデルの誕生だ!

 スケートシューズを、よりシンプルな解釈で クッション性の高い「FRESHFORM」インソールを搭載し、

 グリップ性抜群の、ベーシックデザインに仕上がった。 

 男子はこのベーシックデザインに見慣れすぎているが、女子には新鮮に映っている。

 多分、想像でしかないが、このデザインは継続されて行くだろう?

ph-20180308174353-a3e8f7e2d5.jpg

 買わずに我慢出来るか?

「new balance」の「アッパー」マテリアルには「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」と「通気性」「軽量性」に優れた「ナイロンメッシュ」のオーセンティックなコンビネーションを再現。

また「Vbram(ビブラム)」社製の「アウトソール」を搭載し、「ホールド性」を向上させる役

Archives

MORE

Staff