UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

Gentlemen Prefer Pink/Make Your LIBERALIST STYLE

posted by コバヤシ

今シーズンのDistrictのテーマでもあるGentlemen Prefer Pink/Make Your LIBERALIST STYLE

"LIBERALIST=自由主義 "  自由な精神でそれぞれの個性が生きた着こなしを楽しむと言う事が、1つの大きなポイントになっております。そんな自由な精神を表現するのに相応しいアイテムが今季も並びます。その中でも先陣を切るのがDistrictのスーツ達。 Districtらしい鮮やかな色のものから織りの入った生地が特徴的なネイビー、洒落た茶色とお客様を飽きさせないラインナップとなっております。

まずは、フルコンストラクテッドシリーズ。

ナチュラルショルダーの肩パッド入り、フル毛芯で構築的な作りが着る人を引き立たせるDistrictの最高級ラインです。

ph-20170209161236-8252596e5f.jpgph-20170209161252-48d7b9230a.jpg

ダークグレーとピンチェックがとても落ち着いた印象を与えてくれる一着。遠目からの印象より近くで見た時の方が立体的に見えるピンチェックのお陰で、無地のダークグレーに比べ品良く見えます。

春は、卒業式や入学式また結婚式等様々な式典がある季節でもあり、初対面の方や周りから見られる機会も多いですのでこのぐらい落ちついて尚且つ品の良い1着があると重宝します

ph-20170209161922-634bf9571f.jpgph-20170209161938-02fbbb280e.jpg

やや粗めの織りで構成されたネイビースーツ。この凹凸のある表情が真面目なネイビースーツとの違いを生んでくれます。フル毛芯のしっかりとした印象を持ちつつ、遊び心のある生地。普段のお仕事はもちろんこちらも式典の際には特にオススメです。

続いて、ハーフ毛芯で胸周りがしっかりと見えるように形を整えつつアンコンショルダーで軽快さを組み合わせたDistrictの代表モデル。

ph-20170210115012-3a1f66e269.jpgph-20170210115032-cc72df97bf.jpg

ダブルブレストのダークグレーと落ち着いた印象ながら、アンコンや生地の軽快さで着心地抜群な1着です。グレーのシンプルなダブルのスーツはここ最近はあまりやっておりませんでしたので、ある意味新鮮です。色合わせもし易く着丈も長過ぎませんので、ダブルのスーツは気になっているけれどまだお持ちでないと言うお客様にオススメです。

ph-20170209162246-0c06b6d354.jpgph-20170209162343-f639629e5c.jpg

こちらは昨年も展開し好評でしたドビー織りのネイビースーツ。色は正統派なのですが格子状の織りが和服の柄を連想させる和洋折衷な1着となっています。

ph-20170209162441-13c8073152.jpgph-20170209162502-0dbd11ab70.jpg

こちらもドビー織りが目を引く1着。ただしこちらは西洋の刺繍を連想させより生地に存在感を感じます。

3ピースでのご用意ですがこの存在感のある生地なら単品使いもより楽しめそうです。

ph-20170209162555-ad99bee935.jpgph-20170209162614-c3f27b6b24.jpg

続いて、毎回その鮮やかで上品な光沢とハリが特徴のモヘアスーツ。今回もネイビーでご用意しましたが、昨年のネイビーに比べると少し緑が混じった様な印象。あまり目立ちたくないけど他の人と同じなのも気分が乗らないなとお悩みの方に是非オススメしたい1着です。

人気のWASHEDシリーズもご用意しております。

ph-20170209163105-d8ac3c4edb.jpgph-20170209163240-5c11d8fbd3.jpg

こちらは、遠目無地のネイビーですが、よく見るとドビー織り+小さな赤のドットを合わせた1枚。

ネクタイで有りそうな柄をスーツで表現していますが、決して派手さは無いのでお仕事で着るのもありですね。

ph-20170209163314-b3667bd86f.jpgph-20170209163333-a5a43b1bc7.jpg

こちらは茶色×黒のハウンドトゥース。白×黒が定番ですが、茶色に代わるだけで合わせる色に赤やオレンジ、ピンクと暖色の合わせがグッとしやすくなります。

ph-20170209163403-217f152e98.jpgph-20170209163422-4d02ed3878.jpg

メランジトロピカルでは、こちらも茶色をご用意。茶色といってもベージュとグレーを混ぜた様な淡い色が特徴です。

kolorでよく見かける何色とも言えない淡い感じが洒落た雰囲気を演出しています。

ph-20170209163554-2172cce82d.jpgph-20170209163615-e5606e1164.jpg

リネンのアイテムもちろんあります。ネイビー地にくっきりと入った白のストライプが印象的なコットンリネンの6ボタンのダブルブレスト。ダブルのかっちりしたイメージをリネン特有のシワ感やサラッとした質感が上手く中和してくれていますので、ボタンを留めずにサラリと羽織るだけでも素敵です。

ph-20170209163701-12fa4c011f.jpgph-20170209163724-b12460f4e3.jpg

涼しげなシアサッカーもグレーのストライプにする事で新鮮な印象です。

この生地なら白地を使用する事が多いですが、グレーを使用しているところがDistrictらしいですね。

ph-20170209163457-d8d22f1ef2.jpg

最後は、やはりピンク!ピンクの3ピースは中々見かけません!と私も興奮してしまいましたが、アフリカのサプールの方達が着ている姿は本当にかっこ良いです。日本人(?)の代表ならルパン3世(第3シーズン)の着こなしも参考になります。また、デニムやグレースラックスとも相性良く、単品使いも楽しめる色ですのでどんな組み合わせが合うのか考えるのも楽しくなります。

いかがでしょうか? 是非これらのアイテムを着て、自分らしいスタイルをお楽しみ下さい。

コバヤシ

twitter & Instagramフォローお願いします。

twitter.com

www.instagram.com

Archives

MORE

Staff