ページの先頭です。

古いブラウザでご覧の場合、スタイルシートによるレイアウトが無効になる場合がございます。ぜひ最新のブラウザでご覧ください。

メニューをスキップし、本文へジャンプします。



本文のはじまりです。

Official Blog | ショップスタッフが綴る日々

Feed


HOME > Official Blog > ウィングチップは最強の靴

ウィングチップは最強の靴

2012.10.28|byクリノこの記事のURL

皆様こんにちは!クリノです。
本格的に涼しくなりました。
朝、愛犬と散歩に出る時にはラムズウールのタートルネックが手放せません。今日はその上にパーカも着ていました。
おとといは今シーズンの初トレンチ日。この感じですと、今季入手したscyeのグリーンのコートや12/05のネイビーのコートが着られる日もそう遠くない感じです。

ところで今日は'最強の靴'のお話です。
'最強'と言っても象が乗っても大丈夫とか空を飛べるとか、そういう話ではありません。お役立ち、という観点で、それもあくまで私的な観点ですので。

先日Tweed NightというタイトルでDJをやらせていただいた際、僕が10代前半から買い続けてきたレコード(アナログ)の中でも英国(スコットランド含む)のミュージシャン限定で選んで持っていきましたが、それらのレコード・ジャケットを見ていて、あの頃の英国のミュージシャン達が履いていた靴について、思うことがありました。
何故かウィングチップ(Brogueですね)が多いのです。
70年代初頭はロンドン・ポップやグラム・ロックの時代なので、ヒール付きの、所謂プラットフォーム型になりますが、それでもベースのデザインはウィングチップが多い(或いはサイドエラスティックのブーツ。ブリティッシュ・ロック・スタイルの定番ですね)。
ミュージシャンなりに'きちんと見える''お洒落に見える'ことを意識すると'ウィングチップ'というセレクションになるのでしょうか...。
当時の(そして今でも)英国のミュージシャンの殆どがワーキング・クラス出身です。
ということは金銭的にはけして裕福なバックグラウンドではない。それでも、ミュージシャンとして'人前に出る'に際して、スーツやネクタイと並んで、ウィングチップという選択が多かったとしたら、それはウィングチップの汎用性が広いから,かも知れませんね。
kurino_wing_tip_20121029 (16).JPG
男子の服装に関してはルールを重んじる(英国上流階級もそうですが)日本において、ウィングチップはかなり'あらたまった場での靴'つまり、フォーマルな印象が強いと思います。ところが実際のフォーマル・シーン、例えば冠婚葬祭においてはプレーン・トウもしくはキャップ・トウが用いられ、正式とされます。
つまりウィングチップはあらたまったように見えるが、そうでもないときの靴、という立場なのでしょう。
僕も法事には履くけれど、お葬式や結婚式(パーティーではなく、式そのもの)には履かない、それがウィングチップです。
では履く機会が少ないのか?と言えば、全く逆で、かなりあらたまった席から、カジュアルなシチュエーションでも、気が付いてみたらウィングチップの出番は多いのです。
僕は'銀行に挨拶にいける靴'とか'婚約者の親が認めてくれる靴'という例えを使いますが、それくらい'ちゃんとして見える'靴であり、一方でリヴァイス・ヴィンテージやチノパンツの素朴で無骨な味わいにも最良の友、となります。或いはスーパースリムなパンツに白いソックスを履き、ショール・カラーのジャケットで50'Sっぽいニュアンスを出したいとき、とかにも最適です。
サヴィル・ロウからコム デ ギャルソンまで合う最強の靴、それがウィングチップ!

気がついてみれば、近年、僕は多くのウィングチップを買っています。
オルデン、エルサ(懐かしい!先日パリで会いました)、パラブーツ、ジャコメッティ、
エシュン(ディストリクトで買い逃したものをパリで購入)、そしてチャーチ。
kurino_wing_tip_20121029 (7).JPGkurino_wing_tip_20121029 (1).JPG
※Paraboot 58800JPY/Giacometti 86100JPY
kurino_wing_tip_20121029 (4).JPG
※Church's 75600JPY

それらを3ピースのスーツやネイビー・ブレザーといったトラッドなクロージングばかりでなく、ケーシー/ヴィダレンク、ドリス・ヴァン・ノッテン、12/05、コム デ ギャルソン オム プリュスといったクリエイティヴな服たちにあわせて着ます。
その都度、気分を変えて...僕の好きな'多重人格スタイリング'です。
kurino_wing_tip_20121029 (5).JPG
※HESCHUN 63000JPY

エシュンの多色ウィングチップは靴の中の色と服の色をあわせます。気分は画家?
ジャコメッティはネイビー・ブルーのスーツで。気分は実業家?
パラブーツにはデニムがあいます。気分は音楽家?
チャーチが一番汎用性が広く、少しくだけた感じから、超マジメなスタイリングまでをカヴァーしてくれます。気分はアンティーク・ディーラーを趣味とする法律家?

あ、それに、今シーズンのコム デ ギャルソン シャツ発のグリーン色のソールの黒のウィングチップも夢をそそりますね。あれは俳優気分かな...

如何ですか?ウィングチップは予想以上に今のような多様性時代に役立つ靴では?

(最後にお断り)もしウィングチップを履いていても
1. 銀行がキビしかった場合
2. 婚約者のご両親がキビしかった場合
そこは残念ながら補償範囲外ですので、あしからず...

Have a Productive Day♪

Kurino


Page Top


本文のおわりです。


ページの先頭へジャンプします。

本文の先頭へジャンプします。