UNITED ARROWS LTD. ブランドサイト一覧

District UNITED ARROWS

Blog

旬な情報を店頭スタッフから

オタクの視点:What a beautiful shoes!

posted by モリヤマ

トラッド・英国・カントリー...そんなキーワードで思い起こされるのが

スェードの茶靴。最近、タバコスェードと呼ばれる

ミディアム ブラウンのスェード靴ってあんまり目にしないですね。

特に本場のはずのイギリス靴で...。

キメの細かいスェードの毛足はそれだけで美しいです。

シングルソールの品のいい足回りにグッと奥側にうたれたコバの出し縫いは

リウェルトしやすく外側を縫うイタリアなどの既成靴とは全く性格が異なり

やはり美しい。

 

転じてアイレットを表に出した羽根とワックス加工の平紐の組み合わせは

ミリタリーやカントリーテイストの剛健な性格を匂わせます。

  DSCF0369.JPG  

先細りの華奢なヒールから突き出すかかとの丸みも英国のにおい。

(このヒップラインが直線的な靴 って苦手です)

くびれた土踏まず部の ウェストラインもまた美しい...。

ソールも木目のような化粧で華奢なヴィンテージ特有のSラウンドラバーヒールと

コントラストがおもしろいです。もちろんタン裏には綿状のタンパッド。

シューレースにはスチールキャップ...とヴィンテージ靴のディテールは標準搭載。

 

こんなディテールの持ち主ですが、日本製。

むしろこんな細やかな再現ができる国は

すでに日本以外にはないかもしれません。

型もアンティークなどで見かけるように 非常に細身に出来ているので

サイズを大きめにあわせて細くシャープなサイジングもいいかも。

現代にない美しさと履きやすさをこうやって気軽に楽しめるなんて...

なんていい時代でしょう!

   

Archives

MORE

Staff